国語言葉の意味

話満開!「話に花が咲く」の意味や類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説

この間たまたま高校の頃に仲の良かったクラスメイトと十数年ぶりに飲む機会がありまして、色んな話で盛り上がりました。まさに「話に花が咲いた」です。

今回は院卒日本語教師の筆者が「話に花が咲く」の意味や類義語などの解説をしていきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で働いている日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「話に花が咲く」の意味や使い方は?

image by iStockphoto

「話に花が咲く」という言葉、見聞きしたことがあるという人が多いのではないでしょうか。使ったことがあるという人もそこそこいるかもしれませんね。ここでは、その「話に花が咲く」の正確な意味や使い方を、改めて見ていきましょう。

「話に花が咲く」の意味は「会話の話題が次から次へと」

最初に、「話に花が咲く」の辞書での意味を確認していきましょう。「話に花が咲く」は次のような意味が国語辞典に掲載されています。

さまざまな話題が次から次に出てきて会話がはずむ。

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「◆話に花が咲・く」

「話に花が咲く」は「さまざまな話題が次から次に出てきて会話がどんどん進む」という意味の慣用句です。会話が途切れなく楽しい雰囲気で行われている様子を表します。ここでの「花が咲く」は「にぎやかに盛り上がる」というニュアンスで使用されていますね。

「話に花が咲く」の使い方を例文とともに確認!

続いて、「話に花が咲く」の使い方を確認していきましょう。「話に花が咲く」は「○○の話に花が咲く」「○○話(ばなし)に花が咲く」という形で使用されることが多いです。例文で確かめてみましょう。

\次のページで「「話に花が咲く」の類義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: