国語言葉の意味

【慣用句】「根ほり葉ほり」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「根ほり葉ほり」について解説する。

端的に言えば根ほり葉ほりの意味は「徹底的に・しつこく」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

営業マネージャーとして勤務し、カナダでの留学を経てライターとして活動中のナガタナミキを呼んだ。一緒に「根ほり葉ほり」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ナガタ ナミキ

外資企業の営業マネージャーとして勤務し、相手に伝わる会話表現やコーチングスキルについて学ぶ。カナダでの留学を経て、言葉の持つニュアンスや響きを大切にするライターとして現在活動中。

「根ほり葉ほり」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 60751831

それでは早速「根ほり葉ほり」の意味や語源・使い方を確認していきましょう。

「根ほり葉ほり」の意味は?

「根ほり葉ほり(ねほりはほり)」には、次のような意味があります。

[副]《「葉掘り」は「根掘り」に語調を合わせたもの》徹底的に。しつこくこまごまと。
「わけを根掘り葉掘り尋ねる」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「根掘り葉掘り」

「根ほり葉ほり」とは、詳細まで詳しく・しつこくという意味を表す慣用句です。漢字からも読み取れるように、まるで根や葉を掘り返すようなしつこさ・執念深さが含まれています。また、あくまで副詞として機能しますが、相手に質問をする場合や情報を引き出したい際に使われることが一般的です。

※「根掘り葉掘り」と表記されることもあります。

「根ほり葉ほり」の語源は?

慣用句「根ほり葉ほり」は、深く地中に埋まった木の根を丁寧に掘り起こす、そんな様子から生まれたとされています。特に複雑な語源があるわけではありませんが、わざわざ植物の根を掘り起こすだなんて、大変な労力と手間がかかっているように感じられますね。まるで「根ほり葉ほり」してまで手に入れたい目的や知りたい情報がある、と考えられませんか?

ちなみに「葉ほり」は、先の「根ほり」に語調を合わせて付けられた言葉であるとされています。語呂合わせのリズム感があり、話し言葉としても使われる表現です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: