国語言葉の意味

【慣用句】「盗人猛猛しい」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「盗人猛猛しい」について解説する。

端的に言えば盗人猛猛しいの意味は「盗みを働いて平気でいること、悪事を注意されても開き直ること」だが、その他にもより幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

営業マネージャーとして勤務し、カナダでの留学を経てライターとして活動中のナガタナミキを呼んだ。一緒に「盗人猛猛しい」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ナガタ ナミキ

外資企業の営業マネージャーとして勤務し、相手に伝わる会話表現やコーチングスキルについて学ぶ。カナダでの留学を経て、言葉の持つニュアンスや響きを大切にするライターとして現在活動中。

「盗人猛猛しい」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 41585456

それでは早速「盗人猛猛しい(ぬすっとたけだけしい)」の意味や語源・使い方を確認していきましょう。

「盗人猛猛しい」の意味は?

「盗人猛猛しい」には、次のような意味があります。

盗みをしながら平気でいたり、悪事をとがめられて逆に居直ったりすることをののしっていう語。ぬすびと猛々しい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「盗人猛猛しい」

「盗人猛猛しい」とは、盗みや悪事をはたらいておきながら、その後に平気な顔をしている様子をいいます。たとえば誰かを傷つけたのに、謝りもせず、周囲に責められれば逆に開き直ってしまうような状態です。通常なら誰しも多少の罪悪感を感じるものですが、「盗人猛猛しい」人物には悪いことをしたという自覚・罪の意識がなく、誠実さが欠けています。

意味を理解する上で重要なポイントは、「悪事をはたらいても平気でいること」「他人に指摘・非難されると開き直ること」の二点です。実際にこのような人物がいれば、腹立たしく許せない気持ちになるのではないでしょうか。「盗人猛猛しい」には、ひどい態度への軽蔑・罵りの意味も込められています。

※「盗人」の読み方は(ぬすっと)または(ぬすびと)です。

「盗人猛猛しい」の語源は?

次に「盗人猛猛しい」の語源を確認しておきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: