国語言葉の意味

【慣用句】「心臓に毛が生えている」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「心臓に毛が生えている」について解説する。

端的に言えば心臓に毛が生えているの意味は「あつかましい」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「心臓に毛が生えている」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「心臓に毛が生えている」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「心臓に毛が生えている」という言葉を耳にした経験がありますよね。「心臓に毛が生えている」という表現は、シーンによって意味が少し異なります。正しい意味で認識できるよう、確認しておきましょう。

それでは早速「心臓に毛が生えている」の意味や語源・使い方を見ていきます。

「心臓に毛が生えている」の意味は?

「心臓に毛が生えている(しんぞうにけがはえている)」には、次のような意味があります。

1.厚顔無恥である。
2.あつかましい。
3.肝 (きも) に毛が生えている。

出典:goo辞典「心臓に毛が生えている」

1.厚かましく、恥知らずなさま。
2.他人の迷惑などかまわずに、自分の都合や思惑だけで行動すること。

出典:goo辞典「厚顔無恥」

「心臓に毛が生えている」と言っても、実際に心臓に毛が生えている訳ではありません。『心臓に毛が生えているように』という1つの比喩表現なのです。

「心臓に毛が生えている」は、”厚かましい”や”図々しい”という意味があります。どちらかと言えば、マイナスな意味ですね。

一方、良い意味で使われる場合もあります。その際には、”度胸がある”、”物怖じしない”、”(どんな時でも)堂々としている”という意味です。どんな状況でも緊張せず、大胆に自分らしい行動がとれる様を表しています。

一般的には、プラスの意味で使われることが多いです。ただ、用いられるシーンによってニュアンスが異なります。それぞれどんな意味で使われているのか、しっかり見極めることが重要ですよ。

「心臓に毛が生えている」の語源は?

次に「心臓に毛が生えている」の語源を確認しておきましょう。

語源は、江戸時代の「肝に毛が生える」という言葉だと言われています。肝とは肝臓のことで、”肝が据わる”や”肝っ玉”などと用いられていますね。肝は、度胸や勇気、精神力などを示すものとされていたのです。

昭和になって、「肝に毛が生える」という表現が、「心臓に毛が生えている」に変化しました。肝臓が心臓になったのは、心臓を『心』の根源として捉える西洋の考え方が定着したためです。

毛が生えていると、毛が生えていないヒフに比べて、丈夫な印象があります。「毛が生えた心臓」というのは、「強く丈夫な心臓」という比喩です。そこから転じて、厚かましいや図々しいという意味の「心臓が強い」や、度胸があるという意味の「強心臓」なども使われています。

次のページを読む
1 2
Share:
要