国語言葉の意味

【四字熟語】「頭寒足熱」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「足を温める」

まずはわかりやすいところで、「足熱」の部分から。結論からいうと、健康に良いといえる方法です。

人間は直立二足歩行する動物なので、常に足元に重力がかかります。そのため、何もしなければ全身の血液が足に集まってしまうのです。もちろん、心臓によって血液は循環しているので、足に血液がたまり続けることはありません。しかし、足から心臓は遠く、重力もかかるため、心臓の力だけでは血液が少しずつたまってしまうのです。

そのため、足にはたまった血液を体の上に向かって押し出す強力なポンプの機能が備わっていることがわかっています。このことから、足は「第二の心臓」とも呼ばれているのです。温水などに足を浸けて足を温めることで、足の血行を促進し、効率よく温かい血液を全身に送り出すことができます。結果的に、身体の血行が良くなる、ということです。血行が良くなることで代謝が上がり、免疫力も高くなります。

つまり、「足熱」の健康効果はある、といえるでしょう。特に冷え性の方には、まず足を温めることがおすすめです。

「頭を冷やす」

頭寒」については、意図的に頭を冷やすというよりも、寒いままの状態にしておく、つまり何もせず自然のままにしておく、というニュアンスが強いようです。

「足熱」と同じように、頭の血流を良くしようとして頭を温めてしまうと、脳血管が広がり、頭痛の原因となります。逆に、頭痛に悩んでいる場合は頭を冷やして脳内の血管を収縮させることで、痛みを和らげることができるのです。また、体に関するあらゆる指令を脳が発信しているので、頭を温めると脳が「体が熱くなっている」と錯覚し、必要以上に体温を下げてしまうこともあります。もちろん、全身の体温が下がれば身体が冷えて免疫力が下がり、風邪などにかかりやすくなってしまいますね。

特に頭痛などがないときに意図的に頭を冷やす必要はありませんが、少なくとも温めないほうがいい、ということになります。

「頭寒足熱」を使いこなそう

今回の記事では、頭寒足熱の意味や由来、使い方について説明しました。頭寒足熱は、「頭を冷やして足を温める」という健康法を示した四字熟語で、その語源はヨーロッパにある、ということを紹介しましたね。あくまでも「頭を冷やして足を温める」ことを指す熟語で、健康法そのものを指す言葉ではない、という点に注意しましょう。

また、頭寒足熱の類義語についてもいくつかご紹介しました。医術や健康に関する熟語はいくつもあるので、この機会に覚えておくといいでしょう。

一方、頭寒足熱を実践することでどんな効果があるのか、実際の効果についてもご紹介しました。特に足を温めることは、全身の血行を促進することにつながり、免疫力の増大など総合的な効果が期待できます。また、頭痛がする場合などに頭を冷やすことで、痛みを緩和することもできるのです。

このように、生活の知恵とも呼べる知見が詰まった四字熟語もたくさんあります。実生活で役立つものもあるので、言葉としてだけでなくひとつの知識として、その意味を押さえておくといいでしょう。

1 2 3 4
Share: