国語言葉の意味

【四字熟語】「頭寒足熱」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「頭寒足熱」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 57494316

頭寒足熱に限らず、健康に関する四字熟語はいくつかあります。ここで確認してみましょう。

「医食同源」

医食同源は「いしょくどうげん」と読みます。「医」は医術や医薬「食」は食事を意味していて、医術や医薬と食事は根源が同じ、という意味です。このことから、日ごろから食事に配慮することが、健康維持に大切だ、という意味で使われています。

「一病息災」

一病息災は「いちびょうそくさい」と読みます。「息災」は「元気で健康なこと」を意味する熟語です。まったく健康に不安がない人よりも、一つくらい持病のある人のほうが、かえって健康に気を遣うので体にいい、という意味になります。

「四百四病」

四百四病は「しひゃくしびょう」と読みます。古い中国の思想で、人の体が地・水・火・風の4つの元素から構成されており、これが変調をきたすと、それぞれの元素につき101の病を生じる、とされていました。このことから、四百四病とは、人がかかるすべての病気、という意味になります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

健康は誰もが気にするところだからな、関連する熟語も多いぞ。

ところで、肝心の頭寒足熱には実際、どの程度の効果があるのかみていこう。

「頭寒足熱」の実際の効果は?

image by PIXTA / 66362634

頭を冷やして足を温める、という健康法をそのまま四字熟語にした頭寒足熱ですが、実際にこの健康法には効果があるのでしょうか。

\次のページで「「足を温める」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: