国語言葉の意味

【四字熟語】「頭寒足熱」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「頭寒足熱」の使い方・例文

頭寒足熱は、「頭を冷やして足を温める」という、実際の健康法を指した言葉です。それでは、頭寒足熱を使った例文をみていきましょう。

・あまり体調がよくないので、頭寒足熱にして早めに寝よう。

・試験まであと少し、頭寒足熱にして集中力を高めよう。

・日頃から頭寒足熱を意識して生活しているので、ここ数年は身体の不調を感じたことはないし、夜は快眠できている。

この例文のように、「頭寒足熱にした」という使い方をするのが一般的です。ただし、あくまでも頭寒足熱の意味は「頭を冷やして足を温める」という健康法のことで、健康法そのものを指す言葉ではありません。

・いろいろな頭寒足熱を試してみたが、どれもしっくりこない。

・我が家には独自の頭寒足熱がある。

・自分に合った頭寒足熱を選択することが大切だ。

この例文では、頭寒足熱の意味を健康法そのものの意味として使っていますが、これでは間違いです。頭寒足熱は健康法の一種だということに注意しましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

お前たちもここぞというときは、頭寒足熱にして集中力を高めるといいぞ。

次に、頭寒足熱の類義語をみていこう。

\次のページで「「頭寒足熱」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: