国語言葉の意味

【慣用句】「荒ぶる神」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「荒ぶる神」について解説する。

端的に言えば荒ぶる神の意味は「荒れ狂う神」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で5年間のライター経験を持つEastflowerを呼んだ。一緒に「荒ぶる神」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/eastflower

語学好きで英語、中国語が得意な5年目のライター。今回は、「荒ぶる神」を取り上げて言葉の起源や「神」の別の姿などをわかりやすく解説する。

「荒ぶる神」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「荒ぶる神」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「荒ぶる神」の意味は?

荒ぶる神」には、次のような意味があります。

1.荒々しく乱暴な神。天皇の支配に服さない神。
出典:デジタル大辞泉(小学館)「荒ぶる神」

2.荒れ狂う国つ神。人に害を与える乱暴な神。天皇の命令に従わない神。
出典:大辞林 第三版(三省堂)「荒ぶる神」

日本神話の中に登場する「神」とは、奇跡を起こす存在でもなく、悟りを開いた存在でもなく、非常に人間的な存在でした。神々にも仕事があり、人のように日常を過ごしていました。日本の神話の中で主役として語られているのがアマテラスオオミカミ(天照大神)という女神で彼女を中心に多くのストーリーが語られています。日本の皇室はアマテラスオオミカミの子孫であると伝えられてもいるようですね。普通に生活をする日本の神々の中には、品行方正な神々もいましたし、乱暴で攻撃的な神もいたのです。

日本の神話が作り上げられた時代、アマテラスの身近な関係の人で「荒ぶる神」となった人もいましたし、また、別の「荒ぶる神」を良き神が退治しに行った話も語られています。時代が進むと最後に不遇な人生をたどった人を祀ることで死者の怒りの魂を鎮め、供養することで神格化された人も出てくるようになりました。

「荒ぶる神」とは、辞書に定義されているとおり、人々に災いと苦しみをもたらす神のことであり、アマテラスの統治する地域の神々やアマテラスの子孫である天皇に従わない神々のことなのです。

尚、「荒神」(こうじん)という言葉もありますが、この漢字は民間信仰において台所にやどる神として使われる言葉であり、「荒ぶる神」の使われ方とニュアンスが少し違いますね。

「荒ぶる神」の語源は?

次に「荒ぶる神」の語源を確認しておきましょう。

皆さんの中にも日本神話のひとつ、アマテラスオオミカミの「天岩戸(あまのいわど)」の話をご存知の方も多いのではないでしょうか?

アマテラスオオミカミが洞穴に引きこもってしまい、この世が真っ暗になってしまったと伝えられていますがアマテラスオオミカミが引きこもりになってしまった理由のひとつが、アマテラスの弟、スサノオが原因であったと伝えられています。思うように領地を得られなかったスサノオはちょっと荒れ気味でもあり、姉のアマテラスが暮らす高天原(たかあまはら)の地名を持つ場所へ移りたいと考えていました。弟の意向を聞いたアマテラスは、弟が自分の領地を奪いに来るのではないかとも思い、占いで見てもらったところスサノオは潔白であり邪心がないと判断され、アマテラスは弟のスサノオが自分の領地に住むことを許したのでした。

しかし、姉、アマテラスの地、高天原に移った後も、スサノオの乱暴な行動はやみませんでした。用水路を埋めたり、田畑をまき散らしたり、馬を殺し女神まで殺してしまったのです。弟、スサノオの乱暴な行動に悩んだアマテラスはどうしてよいのかわからず、洞穴に引きこもってしまいました。

いろいろな策を講じて、天岩戸(あまのいわど)からアマテラスを外に出すことに成功した神々は、スサノオの財産を没収し、高天原からスサノオを追放しました。

日本の神話の中で語られる「荒ぶる神」の代表がスサノオなのです。

もちろん、スサノオだけでなく日本神話の中には、他の「荒ぶる神」も登場しますし、後の時代になっても大きな災害や飢饉が起こると、「荒ぶる神」の「祟り(たたり)」だとして、新たに祀られることになった人も日本史には何人か登場します。今は天神様(てんじんさま)として祀られている「菅原道真」(すがわらのみちざね)や社会を変えようとした「平将門」(たいらのまさかど)二人についても、彼らの死後大災害が起こり、「荒ぶる神」になったのだと人々は思い心を鎮めるためにと二人とも祀られることになったのです。

\次のページで「「荒ぶる神」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: