国語言葉の意味

【四字熟語】「破邪顕正」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「破邪顕正」について解説する。

端的に言えば破邪顕正の意味は「誤った思想や邪説を否定して正しい思想を広めること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元塾講師で、解説のわかりやすさに定評のあるgekcoを呼んだ。一緒に「破邪顕正」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/gekco

本業では出版物の校正も手がけ、一般教養に強い。豊富な知識と分かりやすい解説で好評を博している。

「破邪顕正」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 28476713

破邪顕正は「はじゃけんしょう」と読みます。それでは、さっそく「破邪顕正」の意味や由来、使い方についてみていきましょう。

「破邪顕正」の意味は?

破邪顕正には、次のような意味があります。

誤った考えを否定し、正しい考えを示すこと。不正を破って正義をあきらかにすること。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「破邪顕正」

仏教で使用される言葉で、読み下すと「邪(よこしま)を破り、正しきを顕す」となります。邪とは、よくない考えや思想のことです。そのような誤った考えや思想を打破して、正しい物事を示すのが、破邪顕正の意味となります。

「破邪顕正」の由来は?

破邪顕正は仏教由来の言葉ですが、正確な出典は吉蔵が著した「三論玄義」という書物です。仏教には様々な宗派がありますが、そのひとつに「三論宗」があります。三論玄義を著した吉蔵は、三論宗を大成させた人物として知られている仏僧です。

その三論玄義の中で、「論三有りと雖も、義は但だ二轍。一に曰はく顕正、二に曰はく破邪。破邪は則ち下沈淪を拯ひ、顕正は則ち上大法を弘む」と述べられている箇所があり、この一文から一部を抜粋してできたのが破邪顕正です。

この文は三論玄義の中でも重要な部分について述べられた一説で、簡単にいえば「重要な論が3つあるが、本当に大切なことは顕正と破邪である。破邪は誤った論を退け、顕正は正しい法を広める」と述べられています。破邪顕正は、三論宗においてもっとも重要な思想であるともいえるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: