先日、久々にテレビでサッカーの試合を見ました。3対2の白熱した試合で、最終的に応援しているチームに軍配が上がったんですね。この「軍配が上がる」というのは、簡単に言えば「勝利する」という意味の表現です。

今回はこの「軍配が上がる」について、院卒日本語教師の筆者が解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「軍配が上がる」の意味や語源は?

image by iStockphoto

「軍配が上がる」という言葉、たまに見聞きすると思います。しかし、意味は?と言われると自信がない人も多いかもしれませんね。まずは、その「軍配が上がる」の意味や語源について確認していきましょう。そもそも「軍配」とは何かについても、確認していきます。

「軍配が上がる」の意味は「勝利する」

まずは「軍配が上がる」の意味について、辞書を参考にしつつ確認していきましょう。

相撲で、勝ち力士を示す行司の軍配うちわが上がる。転じて、勝敗・善悪などの判定で勝利が示される。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「軍配が上が・る」

「軍配が上がる(ぐんばいがあがる)」は、辞書によると「勝敗・善悪などの判定で勝利が示される」という意味の慣用表現です。スポーツの試合や意見が2つ以上に分かれた議論などで、勝った側を示す際に使用します。簡単に言えば「勝利する」という意味ですね。

「軍配が上がる」の語源は相撲!そして「軍配」って何?

次に、「軍配が上がる」の語源について説明します。辞書にも記載があった通り、「軍配が上がる」は相撲が由来の言葉です。相撲では勝負がついた際に、行司が勝った力士の方向に軍配を上げます。このことから「勝利を示す」という意味で「軍配が上がる」が使用されるようになったと考えられていますね。

また、この「軍配」は「軍配団扇(ぐんばいうちわ)」の略で、元々は武将が軍を指揮する際に使った丈夫な団扇のことを言いました。戦場で使われていた「軍配団扇」が、平和になった江戸時代以降に相撲でも使用され始めたようです。

\次のページで「「軍配が上がる」の使い方を例文とともに確認!」を解説!/

「軍配が上がる」の使い方を例文とともに確認!

image by iStockphoto

続いて、「軍配が上がる」の使い方を例文とともに確認していきましょう。スポーツの試合などの勝負事はもちろん、議論や論争での決着を示すこともできるのが、この「軍配が上がる」の特徴です。

1.2009年のWBCにおける日本と韓国の決勝戦は延長戦までもつれ込んだが、イチローのタイムリーによって日本に軍配が上がった
2.資本主義陣営と社会主義陣営が対立した冷戦は、資本主義陣営に軍配が上がったと言えるだろう。
3.プロジェクト内で今後の進め方について山田派と田中派に分かれて議論が続いていたが、田中派に軍配が上がった

「軍配が上がる」は、「○○に軍配が上がった」の形で「○○が勝利した」という意味を表す場合がほとんどです。例文1のようにスポーツの試合などの勝負事でよく使用されます。また、例文2のような戦争や国際的な対立構造において、片方の側が勝利した場合にも使用されますね。

そして例文3のように、議論や論争において、どちらかが勝ったりどちらかの意見が採用されたりした場合も、「○○に軍配が上がった」の形で、どちらが論争に勝利したか、どちらの意見が採用されたかを示すことができます。

「軍配が上がる」の類義語は?

次に、「軍配が上がる」の類義語を確認していきましょう。「軍配が上がる」の類義語は「凱歌があがる」「白星がつく」「勝鬨をあげる」です。意味を確認し、「軍配が上がる」との比較を行っていきます。

「凱歌があがる」:戦いに勝利する

「凱歌があがる(がいかがあがる)」は「戦いに勝利する」という意味の慣用表現です。「○○に凱歌が上がった」という言い方で「○○が勝利した」という意味を表します。この「凱歌」は「勝利を祝う歌」「戦いに勝って帰る時に歌う歌」という意味ですね。

スポーツなどの勝負事や戦争での勝敗を示す際に使用する場合は、「軍配が上がる」と意味やニュアンスは同じです。ただ、議論や論争、直接の武力行使が含まれない国際的な対立構造における片側の勝利については、「凱歌があがる」は使用しません

\次のページで「「白星がつく」:試合などに勝つ」を解説!/

「白星がつく」:試合などに勝つ

「白星がつく(しろぼしがつく)」は「試合などに勝つ」という意味の慣用表現です。「○○に白星がつく(ついた)」という言い方で、「○○が勝つ(勝った)」という意味を表します。この「白星がつく」は、相撲の星取表(勝ち負けを示す表)で、勝ちを表す丸型のしるし(○)を「白星」と言ったことが由来となった表現です。

「白星がつく」はスポーツの試合で使う場合がほとんどで、戦争や国際的な対立構造における勝利、議論や論争における勝利については原則使用しません

「勝鬨をあげる」:戦いなどに勝利する

「勝鬨をあげる(かちどきをあげる)」は「戦いなどに勝利する」という意味の慣用表現です。「○○が勝鬨をあげた」という言い方で「○○が勝った」という意味を表します。この「勝鬨」は日本史上の戦において、戦いに勝った側があげる「エイ・エイ・オー!」という鬨(とき)の声(大勢の人が一斉に挙げる掛け声)のことを指します。

現在、この「勝鬨をあげる」はあまり使用されていません

「軍配が上がる」の英語表現は?

image by iStockphoto

続いて「軍配が上がる」の英語表現を確認していきましょう。「軍配が上がる」は日本語独特の慣用表現ですので、英語に翻訳する際はそのまま翻訳するのではなく、「勝利する」という意味の方を翻訳していきましょう

「win」:勝利する

「軍配が上がる」は簡単に言えば「勝利する」という意味でしたね。よって、「軍配が上がる」の英語は「勝利する」という意味の「win」です。日本語が難しい慣用句であるため、これで良いのかと思われるかもしれませんが、問題はありません。慣用句やことわざを翻訳するときは、まず意味から考えるのが鉄則ですよ。

例文を確認していきましょう。

1.The U.S. presidential election, contested by Trump and Biden, was won by Biden.
トランプ氏とバイデン氏によって争われたアメリカ大統領選挙は、バイデン氏に軍配が上がった

2.The trade war between China and the U.S. is currently not clear which side will win.
中国とアメリカによる貿易戦争は、現状ではどちらに軍配が上がるか分からない。

\次のページで「「軍配が上がった」側が勝利者。「軍配が上がる」を使いこなそう!」を解説!/

「軍配が上がった」側が勝利者。「軍配が上がる」を使いこなそう!

今回は「軍配が上がる」について解説しました。「軍配が上がる」は相撲において、勝った方の力士の側に軍配を上げることが由来となって生まれた言葉で、簡潔に言えば「勝利する」という意味を表します。「○○に軍配が上がる」ということは「○○が勝利者」ということです。大事な場面では、自分の側に軍配が上がってほしいものですね。

" /> 軍配で勝敗を示す?「軍配が上がる」の意味や使い方、類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説 – Study-Z
国語言葉の意味

軍配で勝敗を示す?「軍配が上がる」の意味や使い方、類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説

先日、久々にテレビでサッカーの試合を見ました。3対2の白熱した試合で、最終的に応援しているチームに軍配が上がったんですね。この「軍配が上がる」というのは、簡単に言えば「勝利する」という意味の表現です。

今回はこの「軍配が上がる」について、院卒日本語教師の筆者が解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「軍配が上がる」の意味や語源は?

image by iStockphoto

「軍配が上がる」という言葉、たまに見聞きすると思います。しかし、意味は?と言われると自信がない人も多いかもしれませんね。まずは、その「軍配が上がる」の意味や語源について確認していきましょう。そもそも「軍配」とは何かについても、確認していきます。

「軍配が上がる」の意味は「勝利する」

まずは「軍配が上がる」の意味について、辞書を参考にしつつ確認していきましょう。

相撲で、勝ち力士を示す行司の軍配うちわが上がる。転じて、勝敗・善悪などの判定で勝利が示される。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「軍配が上が・る」

「軍配が上がる(ぐんばいがあがる)」は、辞書によると「勝敗・善悪などの判定で勝利が示される」という意味の慣用表現です。スポーツの試合や意見が2つ以上に分かれた議論などで、勝った側を示す際に使用します。簡単に言えば「勝利する」という意味ですね。

「軍配が上がる」の語源は相撲!そして「軍配」って何?

次に、「軍配が上がる」の語源について説明します。辞書にも記載があった通り、「軍配が上がる」は相撲が由来の言葉です。相撲では勝負がついた際に、行司が勝った力士の方向に軍配を上げます。このことから「勝利を示す」という意味で「軍配が上がる」が使用されるようになったと考えられていますね。

また、この「軍配」は「軍配団扇(ぐんばいうちわ)」の略で、元々は武将が軍を指揮する際に使った丈夫な団扇のことを言いました。戦場で使われていた「軍配団扇」が、平和になった江戸時代以降に相撲でも使用され始めたようです。

\次のページで「「軍配が上がる」の使い方を例文とともに確認!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: