国語言葉の意味

【慣用句】「図に乗る」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「図に乗る」について解説する。

端的に言えば「図に乗る」の意味は「つけあがること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「図に乗る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。
国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「図に乗る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「図に乗る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「図に乗る」の意味は?

「図に乗る」には、次のような意味があります。

いい気になって勢いづく。調子に乗る。つけあがる。「少しでもほめるとすぐ―・る」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「図に乗る」

この言葉は「調子に乗ってつけあがる」という意味の慣用表現です。辞典によっては、「予想した通りに、うまくことが運ぶ」という意味も記載されているものもあります。「予想通り」だったため「調子に乗っていい気に」なる、と一連の流れで理解できますね。合わせて覚えてしまいましょう。

ただ、やはり現在では「うまくいった」という意味よりも「調子に乗っている、つけあがっている」というニュアンスが主流です。「あいつは図に乗っている」と言った場合、その人が自信過剰だったり、傲慢だったりすることを批判する目的も出てきます。

基本的にはネガティブな意味合いの言葉と思っていいでしょう。その為、使い方には注意が必要な表現です。

「図に乗る」の語源は?

次に「図に乗る」の語源を確認しておきましょう。この言葉は、もともと仏教用語でした。

一般的なお経とは違う、音階や節をつけて唱える「声明(しょうみょう)」や「梵唄(ぼんばい)」というものがあります。その音や節の変化を表した記号のようなものが「図」と呼ばれ、お経の横に書いてあるそれを見て、声の調子を変えるそうです。

それが上手く唄えれば「図に乗る」ことができたということ。実は、もともとは褒め言葉だったということですね。上の意味の項でご紹介した「予想した通りに、うまくことが運ぶ」という意味は、ここからきたものだったのでしょう。

「調子に乗る」の「調子(ちょうし)」も、音楽における音の高低のこと。演奏の巧さを表すなら悪い意味はなかったはずですが、「上手くいって自慢しすぎてしまった人」を妬むような気持ちもあって、現在の使われ方をするようになったのかもしれませんね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: