安土桃山時代日本史歴史

5分でわかる「小早川秀秋」の生涯ー関ヶ原合戦で裏切ったのはなぜ?わかりやすく歴女が解説

2-2、秀秋、筑前30万石を相続

Kobayakawa Hideaki cropped.jpg
不詳 – 高台寺, パブリック・ドメイン, リンクによる

1595年、秀秋は義理の兄の秀次切腹事件に連座させられ、居城の丹波亀山城が没収されたのですが、同年に養父の隆景が主な家臣を連れて備後国三原へ帰って隠居したので、秀秋は養父隆景の所領の筑前国30万7千石を相続することになりました。

2-3、秀秋、慶長の役の蔚山城の話は

1597年2月、秀吉からの軍令で15歳の秀秋は朝鮮半島への渡海が決定し、釜山浦で前線からの注進を取り次ぐ任務につくことに。 そしてこの年の6月、養父の小早川隆景が死去、秀秋は、朝鮮在陣中に秀俊から秀秋へ改名。

秀秋は、同年12月23日から翌年の1月4日にかけての蔚山城(うるさん)で籠城していた加藤清正の援軍として参加し、作戦に従わず自ら先頭に立って戦って勝利に貢献したので、帰国後に秀吉は激賞。しかし石田三成があまり褒めすぎると秀頼様に良くないという讒言によって、秀吉の態度が急転直下激怒に変わり、越前北ノ庄15万石への減封転封になり、秀秋は石田三成を恨むようになったそう。また転封について徳川家康が秀吉にとりなしたために、秀秋は家康に恩義を感じたことで、後の関ヶ原合戦での裏切りにつながったと言われています。

が、一次史料では秀秋が蔚山城の戦いに参加したことが確認できず、秀秋が戦いに参加した話は1672年に書かれた「朝鮮物語」しかないそう。秀秋は1597年12月以前より再三秀吉から帰国要請があり、翌年の1月末に帰国の途に。秀秋は帰国したが、500人ほどの小早川勢の残留部隊が寺沢広高の指揮下で釜山の守備に就き、秀秋に遅れて5月中には帰国しています。

2-4、秀秋、越前転封に

帰国した秀秋は、秀吉から越前北ノ庄15万石への減封転封命令をうけ、以前の領地の筑前国は太閤蔵入地の秀吉の直轄地となり、石田三成と浅野長政が代官になったのですが、この秀秋の半分という大幅減封の理由は蔚山城の戦いの話が事実でないならば、まったく不明。

そして転封と大幅減封で、秀秋は多くの家臣を解雇せざるを得ず途方に暮れ、家康に泣きついた話があり、家康のアドバイスによって少しずつ領地を返還し、100人ほどの家臣が知行地を失ったときに秀吉が死去したということです。

なお、秀秋が丹波亀山城主となって以来の家老で守役だった山口宗永は、もともと秀秋と折り合いが良くなかったが、越前減封時に加賀大聖寺の独立大名に取り立てられ、秀秋のもとを去ったそう。

2-5、秀吉の死去後、59万石に

1598年8月秀吉が死去、秀吉の遺言をもとにして、翌年の2月に徳川家康ら五大老連署の知行宛行状が発行されて、秀秋は旧領の筑前、筑後に復帰が認められて、所領も59万石に大幅増加しました。秀秋は、家康が秀吉にとりなしてくれたこと、そして所領を復活してもらったことなどで恩義を感じたということです。

3-1、関ヶ原前夜の秀秋

秀秋は59万石の大名で秀吉の身内として、まだ19歳とはいえ豊臣政権下では重要な存在だったので、石田三成と徳川家康の対立が深まると、双方の陣営から味方になるように言ってくるのは当然でした。

そして東軍、家康側からは、秀秋の家老の稲葉正成(のちの春日局の夫)と平岡頼勝(妻が黒田長政の従妹)に対して、親戚筋の東軍の黒田長政からの調略が行われていたということで、黒田長政と浅野幸長の連名で「我々は北政所(高台院)様の為に動いている」と書かれた連書状が現存(しかし最近になって、北政所寧々は西軍を支持していた説が浮上)。もちろん家康からも、秀秋本人、稲葉、平岡両家老のもとにも何通も書状が届いていたうえに、開戦直前に、家康の重臣の井伊直政、本多平八郎忠勝から、東軍に寝返れば上方に2ヵ国を与える内容の書状が来ていたそう。
ともあれ、関ヶ原本戦が開始する前から秀秋軍は西軍を裏切って東軍に付くことを黒田長政を通じて家康に伝えていたが、念のために長政は大久保猪之助を、家康は奥平貞治を目付として派遣して秀秋軍を監視していたということです。

また、西軍の石田三成、大谷吉継らも秀秋に対して、当時7歳だった豊臣秀頼が成人するまでの間の関白就任と、上方2ヶ国の加増を約束、さらに秀秋の家老たちには、10万石と黄金300枚という条件を出したという史料もあるそうですが、「関原軍記大成」(1713年)収録の書状で原本はなく文体などから偽文書の可能性もあるということ。
なお、家康も三成も、秀秋よりも家老たちがほとんどのことを牛耳っていることを理解していたので、家老たちにも破格の条件を出していたのですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica