国語言葉の意味

【慣用句】「歯を食いしばる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「歯を食いしばる」について解説する。

端的に言えば歯を食いしばるの意味は「必死にこらえる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「歯を食いしばる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「歯を食いしばる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「歯を食いしばる」という言葉を耳にしたことはあっても、正しい意味や使い方まで聞いたことはあまりないですよね。慣用句などは、正しい意味や使い方を理解しておく事がとても重要です。

それでは早速「歯を食いしばる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「歯を食いしばる」の意味は?

「歯を食いしばる」には、次のような意味があります。

1.悔しさ・苦痛などを歯をかみ合わせて必死にこらえる。

出典:goo辞典「歯を食いしばる」

「歯を食いしばる」は、苦痛や困難を必死にこらえている様を表しています。悔しい時や痛みを感じた時に、歯を力いっぱい嚙み合わせる場合がありますね。このような自然に歯を食いしばってしまう様子に、困難や苦痛を乗り越えるという意味が加えられたのです。苦痛や困難だけでなく、無念や悔しさ、憤りなどに対しても使われます

歯を食いしばってしまう様子がもとになっていますが、実際に使う際には歯を食いしばっていなくても活用が可能です。「歯を食いしばるくらい必死に」といったニュアンスが含まれているため、困難や苦痛に耐えるケースに当てはまります。

歯を食いしばると書くのが一般的ですが、「歯を食い縛る」としても問題ありません。どちらも正しいのですが、迷った場合にはひらがなで書くと良いでしょう。

「歯を食いしばる」の語源は?

次に「歯を食いしばる」の語源を確認しておきましょう。

痛みや困難に耐える際に歯を食いしばる様子から、使われるようになった慣用句です。その由来としては、日本の軍隊で使われていた掛け声になります。戦前から戦争中の軍隊で、「歯を食いしばれ!」という表現が使われていました

軍隊において、上の人が下の者を殴るなどの暴力が普通に行われていました。その際、殴った時に口の中が切れないよう、慈悲の心で「歯を食いしばれ!」と忠告していたとの事。

軍隊で使われていた表現が、今は日常的に使われる慣用句になったという訳ですね。

\次のページで「「歯を食いしばる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: