国語言葉の意味

【四字熟語】「精励恪勤」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「精励恪勤」について解説する。

端的に言えば精励恪勤の意味は「全力を尽くして学業や勉学に励むこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「精励恪勤」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「精励恪勤」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「精励恪勤」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「せいれいかっきん」です。「精励恪勤」の正確な意味をとらえてから、語源や使い方など詳しい情報までチェックしていきますよ。

「精励恪勤」の意味は?

「精励恪勤」には、次のような意味があります。辞書の意味を確認したあと、漢字一文字ごとの意味合いなどを詳しく見ていきましょう。

1.全力を尽くし仕事や勉学に励んで、怠らないこと。精力を傾けて集中して事にあたること。

出典:四字熟語辞典(学研)「精励恪勤」

「精励」は力を尽くして努力することや真心をこめて励むこと、「恪勤」は真面目に一生懸命勤めることや忠実に仕事をすることを表しています。簡単に言うと「学業や仕事にまじめに励むこと」ですね。

経営者や管理する側と工場で生産する労働者など帰属者側との間での態度を表すこともありますが、ただ個人としての取り組みにおいてもどちらにも使う表現です。

「恪勤」という言葉は、「かくご」や「かくごん」と読んで、平安時代に親王や摂関家に仕えた武士や鎌倉から室町時代に幕府に仕える武士を表すこともあります。鎌倉時代は公家を模した職制を設置し、室町幕府でも受け継がれていきました。いずれも、仕事としては下級の扱いで宿直(とのい)や雑役が中心だったということです。なお、上級の武士は「番衆(ばんしゅ、ばんしゅう)」と呼ばれて区別され、将軍に近いところで警護にあたるなどしていました。

「精励恪勤」での「恪勤」の部分の意味と同じように、真面目に忠実に仕事をすることが求められる職業だったのかもしれませんね。

「精励恪勤」の使い方・例文

「精励恪勤」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。どういった品詞で使われているかにも注目して見ていきますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810