国語言葉の意味

【四字熟語】「水天一碧」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師がわかりやすく解説!

「上下天光」

もう一つの類義語には、「上下天光(しょうかてんこう)」があります。空と水が一つになって明るく輝いていることという意味です。「上下」は天地のことや空と海のこと、「天光」は空一面に輝く日の光のことを表しています。

日の光が海面にも光り輝き、どちらも光って見えるということです。どちらも青く見えるという「水天一碧」とは少し違いはありますが、いずれも美しく見えるということでは同じですね。

「水天一碧」の対義語は?

次に、「水天一碧」の対義語についての説明です。「水天一碧」とは対象的に、空と海がはっきり見えなかったり、違った見え方をするようすを表す四字熟語について見ていきましょう。

「煙波縹渺」

「水天一碧」の対義語には、「煙波縹渺(えんぱひょうびょう)」があります。意味は、水面が遠くまで煙って空と水面の境界がはっきりしないようすのことです。「煙波」は水面がもやなどで煙るように波立っていること、「縹渺」はぼんやりしていてかすかなようすを表しています。

晴れ渡った水平線について述べたのが「水天一碧」でしたので、遠くまで煙って見えないような状態の「煙波縹渺」は反対の意味を表していると言えますね。

「水光接天」

もう一つの対義語には、「水光接天(すいこうせってん)」があります。月光に照らされた川面の輝きが遠く広がって空まで続いているという意味です。「水光、天に接す」と読み下すことができ、長江の雄大な夜景について詠んだと言われています。

昼間の青く美しい景色を表す「水天一碧」に対して、夜景を表す「水光接天」です。美しい景色であることは共通していますが、昼と夜ということで対義語として紹介しました。

「水天一碧」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に、「水天一碧」の英訳についての説明です。言語は違いますが、意味が伝わりやすい英語表現について詳しく見ていきましょう。

「unity of the sky and the sea」

「水天一碧」の英訳には、「unity of the sky and the sea」があります。直訳すると「空と海の統一」です。「unity」には、「単一であること、統一、一致、結束」という意味があります。

ほかには、「what the sky and the sea merge」とすると「空と海が融け合うこと」という意味です。「merge」は「併合する、溶け合わせる」という意味があり、こちらも同じような意味で使うことができます。

\次のページで「「水天一碧」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: