国語言葉の意味

簡単でわかりやすい!「引けを取らない」の意味は?類義語や例文・英語表現も院卒日本語教師が詳しく解説

1.吉田君は高校生ながら、プロの選手に引けを取らないくらいの体格と実力を備えている。
2.決勝戦は優勝候補のA高校と、初出場のB高校の対戦となった。ただ、B高校の今大会での強さは本物で、A高校に引けを取らない
3.私は、正義感の強さなら誰にも引けを取らない

例文1では、「吉田君は高校生だが、体格や実力はプロの選手に負けていない」という文脈で「引けを取らない」が使用されています。本来なら比較対象と比べて力量が低くて当然の人物(集団)が、比較対象と同程度以上の能力を持つ場合に、よく用いられるのが「引けを取らない」です。

例文2では、「優勝候補のA高校と対戦するのはB高校だが、強さに差はほぼない」という文脈で「引けを取らない」が使用されています。比較対象と比べて同程度、またはそれ以上の強さがあることを表すのが「引けを取らない」です。

例文3では、「私は正義感の強さなら誰にも負けない」という文脈で「引けを取らない」が使用されています。「誰にも負けない」という意味で使われるのが「誰にも引けを取らない」という言い方です。

「引けを取らない」の類義語は?

image by iStockphoto

続いて、「引けを取らない」の類義語を確認していきましょう。「引けを取らない」の類義語は「勝るとも劣らない」「負けず劣らず」「互角」「伯仲」です。意味やニュアンスを確認し、「引けを取らない」と比較してみてください。

「勝るとも劣らない」:互角またはそれ以上

「勝るとも劣らない」は「互角またはそれ以上」という意味の慣用句です。比較対象と比べて、力量や規模などが同等以上であることを表します。意味やニュアンスは「引けを取らない」と違いはありません。

「負けず劣らず」:両者同程度で優劣がつけづらい

「負けず劣らず」は「両者同程度で優劣がつけづらい」という意味の慣用句です。比較対象と比べて、力量や規模が負けておらず同程度であることを表します。「引けを取らない」との違いは、「引けを取らない」は両者の実力が同等”以上”であることを表すのに対し、「負けず劣らず」は同等”くらい”であることを表す点です。

\次のページで「「互角」:双方に優劣の差がない」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: