国語言葉の意味

【慣用句】「目に余る」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しくわかりやすく解説!

#4 「目に余る」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に「目に余る」の英語訳についても、忘れずにチェックしておきましょう。

「too much to tolerate」

「too much to tolerate」は、「目に余る」の表す意味を忠実に英訳したものです。この表現を直訳すると「ひどすぎて容認できない」となります。

これは「目に余る」とほぼ同じ意味だといっても差し支えないのではないでしょうか。

「cannot be overlooked」

「cannot be overlooked」もまた、「目に余る」の英訳だといえるものです。こちらのフレーズは、「見過ごせない」と直訳できます。

つまり、それほど程度が悪い意味で甚だしいというわけですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

今回の解説でまたひとつ大事な慣用句がマスターできたんじゃないかな。

せっかく覚えたことを忘れないようによく復習を行っておくんだぞ。

「目に余る」を使いこなそう

この記事では「目に余る」の意味・使い方・類語などを説明しました。この慣用句には、あまりにひどすぎて見過ごせないという意味がありましたね。

みなさんは、これまでに他人による「目に余る」行為を目撃したことはあるでしょうか。もちろん、そのようなひどい行いは見たことがないにこしたことはありません。

しかしながら、もし見かけてしまった場合は注意するなり通報するなりといった行動をとりたいものです。みなさんも、もしこの慣用句を使う場面に遭遇したら、臆せずにどんどん使ってみてくださいね。

1 2 3 4
Share: