国語言葉の意味

【慣用句】「目に余る」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。今回の記事では「目に余る」という慣用句について解説する。

端的に言えば「目に余る」の意味は「ひどすぎる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役塾講師で文系科目のスペシャリストである「すけろく」を呼んだ。一緒に「目に余る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

すけろく

ライター/すけろく

現役文系講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく

#1 「目に余る」の意味や使い方のまとめ

image by iStockphoto

それでは早速「目に余る」の意味や使い方を見ていきましょう。この慣用句には、いったいどのような意味があるのでしょうか。

「目に余る」の意味は?

まずは、国語辞典での定義から。「目に余る」には、次のような意味があります。

1.程度がひどすぎて見過ごすことができない。 
2.数が多くて一目で見渡すことができない。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「目に余る」

「目に余る」は、程度が甚だしいことを表現した言葉です。ただし、それは飽くまでも「悪い意味で」ということを忘れてはなりません。

したがって、だれかに「君のその態度は目に余るよ」などと言われたときは、間違いなく相手の人は不快感を覚えています。少なくともほめ言葉ではないことは理解しておくべきでしょう。

また、この慣用句にはもうひとつの意味があるのも事実です。非常に数が多いことを示す際にも「目に余る」は用いられます。

意味が大きく分けて二つあると混同してしまいそうですが、実際にはあまり心配する必要はありません。なぜならば、前後の文脈から容易に区別できるケースがほとんどだからです。

「目に余る」の使い方・例文

「目に余る」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
すけろく