国語言葉の意味

【四字熟語】「地水火風」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「地水火風」について解説する。

端的に言えば地水火風の意味は「万物を構成する地と水と火と風の四要素のこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「地水火風」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「地水火風」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「地水火風」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「ちすいかふう」です。とくに意味や語源については、可能な限り丁寧に見ていきますよ。

「地水火風」の意味は?

「地水火風」には、次のような意味があります。「地水火風」という四字熟語の基本的な意味のほか、もととなる考え方などについても詳しく見ていきましょう。

1.仏語。地と水と火と風。万物を構成する四つの要素。四大(しだい)。四大種。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「地水火風」

仏教では、四種の元素をあらゆる物質的存在を構成する四種の元素として説いています。地は堅さ、水は湿り気、火は熱さ、風は動きを本質とするものです。

現在においては、銅や鉄などの元素からなるもの、水素や酸素などの分子からなるものが物質を構成する要素であると認識されているものにあたります。17世紀頃から、このような科学的な元素の分類の考え方がすすんでいきました。

「地水火風」の語源は?

次に「地水火風」の語源を確認しておきましょう。語源となる過去の意味合いや実際の現在のとらえ方も交えて確認していきますよ。

「地水火風」とは、もともとは地、水、火、風の四つがさまざまに混じり合うことで、あらゆる物質を構成していると考えられていました。しかし、のちに人間生活が営まれる自然界の地、水、火、風は、元素としての地、水、火、風とは別のもので、地の「堅さ」、水の「湿潤性」、火の「熱性」、風の「流動性」という性質が四元素の本質であると考えられるようになりました。

\次のページで「「地水火風」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: