国語言葉の意味

【四字熟語】「一言芳恩」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一言芳恩」について解説する。

端的に言えば一言芳恩の意味は「少し声をかけてもらったことに感謝すること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「一言芳恩」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「一言芳恩」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一言芳恩」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「いちごんほうおん」で、「報恩」と混同しやすいので注意が必要です。意味に加えて語源や使い方にも注目していきますよ。

「一言芳恩」の意味は?

「一言芳恩」には、次のような意味があります。まずは、四字熟語全体の基本的な意味を見ていきましょう。

1.ちょっと声をかけてもらったことを忘れずに感謝すること。また、一言を賜った恩に感じてその人を主人と仰ぐこと。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「一言芳恩」

「一言」は一声やちょっとした一言のこと、「芳恩」とは人から受けた恩義や親切のことです。これをあわせて、ひとこと声をかけてもらったことへの感謝を表しています。

心に余裕がなければ感謝することはできないので、感謝するということは少しでも心に余裕を持つことでもありますね。また、もし心に余裕が持てなくても、あとで振り返る習慣があれば感謝すべきことがあったかどうかに気づくことができるかもしれません。

感謝するということは、自分のことばかりに集中している状態から、自分を客観視して自分の立ち位置を確認するためには大切なことなのでしょうね。

「一言芳恩」の使い方・例文

「一言芳恩」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。文法的な観点からも見ていきますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810