国語言葉の意味

【慣用句】「火の車」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

困苦窮乏の生活を送って、料理も出来ず病院で診断を受けることも出来なかった経験から、周囲の人々の親切に気づくことができるようになった。

ID: ↑パーツ内本文:66文字

「火の車」の対義語は?

「火の車」の対義語は「悠々自適」「億万長者」などが考えられます。

ID: ↑パーツ内本文:32文字

「悠々自適」「億万長者」

「悠々自適(ゆうゆうじてき)」は「自分の好きなように、心穏やかに生活すること」。苦しみや困りごとからは無縁の生き方をしているという意味です。

「億万長者(おくまんちょうじゃ)」は「何億もの財産を持つほどのお金持ちのこと」。そうした人の事は「富豪」などとも言い表します。

どちらも「火の車」とは正反対の言葉となりますが、経済的な豊かさと心の豊かさの両方を持ちたいものですね。

ID: ↑パーツ内本文:188文字

敏腕編集者として名前の知れた彼だが、今は海外に住んで簡単な翻訳をする程度の、悠々自適な暮らしをしている。

億万長者と噂されるあのオーナーだが、若い頃に苦労した経験から、今は無料で様々な慈善活動を行っている。

ID: ↑パーツ内本文:104文字

「火の車」の英訳は?

image by iStockphoto

「火の車」の英語訳は「be badly off」「be short of money」などが考えられます。

ID: ↑パーツ内本文:53文字

「be badly off」「be short of money」

「be badly off」は「生活に困っている」という慣用表現です。「元気がない」など広い意味で使える表現のため、「火の車」を意味する英作文の場合は、お金に関する理由を合わせて説明するといいでしょう。

「be short of money」は「お金が不足している」という表現。「short」はここでは「短い」ではなく「欠乏した、足りない」という否定的な意味です。特にお金に関して「資金繰りがショートしてしまった」と、日本語でも使うことがよくあります。「ショート」という単語の使い方を覚えましょう。

ID: ↑パーツ内本文:250文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: