国語言葉の意味

【慣用句】「朱を入れる」の意味や使い方は?例文や類語を教材系ライターが解説!

「加除訂正する」

原稿に対して、表現を加えたり、削ったり、修正をしたりすることです。

通常は校閲の結果、必要となってくる行為で、「朱を入れる」ことと同義と言えるでしょう。

「朱を入れる」の対義語は?

「朱を入れる」と反対の意味を持つ言葉としては、以下のようなものがあります。

「校了」

原稿や試し刷りについて、修正の必要な部分があれば、「朱を入れる」ことになりますし、修正の必要な部分がなければ、または、なくなれば、校正が終わったこととして「校了」となります。

校了となれば修正の必要な部分はないということなので、その後「朱を入れる」ことは原則としてなくなり、印刷の段階に進むわけです。

「朱を入れる」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に「朱を入れる」を英語で表現するとどうなるのかを確認しておきましょう。

「correct a manuscript」

「朱を入れる」は英語で「correct a manuscript」と表すことができます。原稿を修正する、という意味です。例文も示しておきましょう。

The editor corrected manuscripts.

編集者が原稿に朱を入れた。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: