日本史

5分でわかる「天海僧正」の生涯!江戸の街をつくり晩年の家康のアドバイザーだった彼をわかりやすく歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は天海僧正を取り上げるぞ。家康のアドバイザーだっけ、どんな人だったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを江戸時代も大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、江戸時代にも興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、天海僧正について5分でわかるようにまとめた。

1-1、天海僧正は会津の生れ

天海僧正(てんかい)は、天文5年(1536年)頃、陸奥国会津高田(現福島県会津美里町)に生まれたとされています。諸説あるが、蘆名(あしな)氏の一族として生まれた、蘆名氏の女婿、船木兵部少輔景光の息子説が有力だそう。

天海は100歳以上の長寿を保ったということですが、前半生、生年、出身地なども不明なので、生年は逆算して、出身地なども色々な史料から推定されたものなんですね。僧としての名は、最初は随風、南光坊天海僧正が正式名、院号は智楽院、諡号は慈眼大師。

1-2、天海の前半生

天海は、11歳のときに龍興寺(現福島県大沼郡会津美里町)で出家して随風と名乗り、14歳で下野国宇都宮の粉河寺の皇舜に師事、そして1560年から4年間、下野国足利荘(現栃木県足利市)にあった関東の最高学府の足利学校で、儒教、易学、天文学、軍学などを学んだということ。次に長楽寺(現群馬県太田市世良田)で学び、比叡山延暦寺へ行って、天台学を、園城寺で倶舎論、南都では法相、三論、大寧禅徳から禅学を学びました。

1571年、織田信長によって比叡山延暦寺が焼き討ちされたのち、武田信玄に招かれて甲斐へ移住、そのあと蘆名盛氏の招聘で黒川城(若松城)の稲荷堂に、そして上野国の長楽寺を経て、1588年頃に武蔵国の無量寿寺北院(現埼玉県川越市、喜多院)に移って、天海と改名。

1-3、天海、家康に招聘される

天海は、無量寿寺北院の住職となってから世に出たのですが、江戸崎不動院の住持も兼任だったということです。家康との出会いははっきりしないが、浅草寺の史料では、北条攻めのときには、天海は家康の陣中にいたそう。

この浅草寺の史料からは、天海は家康のために関東に赴いたとされているということで、天海は1599年、北院の住職となったのち、家康の参謀として伺候し、家康の健康や信仰的な問題、朝廷との交渉、お寺関係の役割まで担うことに。

2-1、天海の業績

徳川家康の晩年に深くかかわった天海の業績についてご紹介しますね。

2-2、天海、比叡山再興に貢献

image by PIXTA / 55247766

家康は、天海のことを「人中(にんちゅう)の仏なり」といって、たいへんな信頼を寄せるように。そして天海は1607年、比叡山探題執行を命じられて、南光坊に住居して信長の焼き討ちの後の延暦寺再興に関わり、1609年に権僧正に任ぜられ、延暦寺中興の祖と言われた功績をあげました。1612年には無量寿寺北院の再建に着手して、喜多院と改めて関東の天台宗の本山に。

そして1613年、家康から日光山貫主を拝命して、本坊、光明院を再興天海はまた、家康の最大の懸念だった大坂の豊臣家に対しての策謀にも加担、たとえば、秀吉供養のためになるといって、淀殿、秀頼をだまして方広寺などの全国の有名な大寺を次々と再建させ秀吉の莫大な遺産をつぎ込ませたり、大坂の陣の発端の方広寺鐘銘事件にも金地院崇伝とともに深く関与したといわれています。

2-3、天海、家康の神号をめぐって争い、ライバルに勝利

1616年、臨終間近となった家康は、天海らに自身の神号、葬儀に関する遺言をしたということです。そして家康の死後、黒衣の宰相と言われた金地院以心崇伝、本多正純らは、家康の神号を「明神」として古来からの吉田神道で祀るべきだと主張したが、天海は「権現」として自らの宗教の山王一実神道で祀ると主張。

天海は2代将軍秀忠に、豊臣秀吉には「豊国大明神」の神号が贈られたが、豊臣氏は滅亡したために「明神」は不吉と提言、一発で家康の神号は「東照大権現」と決定、崇伝も失脚(のちに復帰)したということ。なお、家康の遺体は最初に埋葬された久能山から日光山に改葬することに。

2-4、天海、江戸の街作りに尽力

image by PIXTA / 46582667

天海は、江戸城の築城、城下町である江戸の街の建設に深くかかわったといわれています。天台密教の僧侶なので、遁甲、天文、方術などの陰陽道の豊富な知識を駆使して、古代中国の陰陽五行説の「四神相応」の考えをもとに、西は伊豆から東は下総(現在の千葉県)までの広大な土地の地相を調べた結果、江戸が幕府の本拠地とするのにふさわしいと家康に進言したということ。

江戸城は築城名人の藤堂高虎らが中心となって縄張りしたのですが、天海は陰陽道の面から、徳川家の繁栄を考えた江戸の街つくりとして、鬼門封じなどを積極的に行ったそう。天海は、江戸城の内部を「の」の字型、渦郭式という構造にし、城を取り囲む掘も螺旋状に掘ることなどを助言。この「の」の字型の構造は、城を中心にして、時計回りで町が無限に拡大していくうえ、敵を城に近づけにくくする効果もあったということです。また、火災のときには類焼の広がりをおさえたり、船で物資を運びやすいとか、堀の工事で出た土砂を埋め立てに利用するという効果もあったそう。

天海は鬼門封じのために、北東に寛永寺を建立し東叡山と称して東の比叡山を意識させ、不忍池を琵琶湖に見たてて、竹生島をまねた弁財天を祀ったということで、寛永寺の側に上野東照宮を建立し、神田明神を湯島に移転させ、浅草寺も配置するなど万全を期したそう。

また江戸城の南西の裏鬼門には、もうひとつの将軍菩提寺の増上寺を配置し、日吉大社から分祀した日枝神社を移転。 江戸の街作りの工事が完成したのは、1640年、3代将軍家光時代で、すでに家康も藤堂高虎も他界していたが、天海は存命していて、50年近くかかった江戸の都市計画の初期から完成まで見届けたことに。

2-5、大蔵経の出版に尽力

天海は生前、日本での一切経とよばれる大蔵経の印刷と出版を企図し、天海が亡くなって5年後の1648年、天海が着手した「寛永寺版(天海版)大蔵経」が、幕府の支援により完成しました。これらの経典の出版は、日本の印刷文化史上で最も重要な業績といわれていて、天海が作製させた膨大な木製活字は天海版木活字とよばれ、26万個以上が現存しているそう。

次のページを読む
1 2 3
Share:
angelica