生物学

「生態ピラミッド」とは?3種類の生態ピラミッドを現役講師がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回の記事では「生態ピラミッド」について学んでいこう。

生物基礎の生態学分野では、「植生」や「遷移」、森林や砂漠といった「バイオーム」など、環境と生物のかかわりを学習する。「生態ピラミッド」も生態系を考えるのに重要な概念だ。しっかりとその意味を理解しよう。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらうぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

生態系と生態ピラミッド

今回のテーマである「生態ピラミッド」について知るには、まず「生態系」「生物量」という言葉について理解を深めなくてはいけません。順番にみていきましょう。

生態系とは

私たち人間だけでなく、地球上に存在するあらゆる生物は、生息域の環境や他の生物と何かしらの関係をもっています。

「植物が水や二酸化炭素、光エネルギーを利用して光合成をすること」
「生物が死ぬことでその体が分解されて物質が循環すること」
「他の生物を食ったり、逆に食われたりといった生物間の捕食・被食の関係」…
生き物というのは、それ単独で生きていくことはできません。周辺の環境や他生物に影響を及ぼし、影響を及ぼされながら存在しているのです。

ある地域に生息する生物と、非生物的な環境をひとまとまりとみなしたとき、それをその地域の生態系と呼びます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

生態系とは、生物とその周辺環境のまとまりを指す言葉なんだな。

その地域に住む生物間の関係や、生物と環境のかかわりを調べる学問が生態学だ。

ある地域の生態系を詳しく知るためには、そこがどんな環境であるか、何種類の生物がすんでいるか、それぞれの生物種がどれくらい存在しているか、などの情報が必要となります。

これらのうちの「それぞれの生物種がどれくらい存在しているか」という点についてもう少し考えてみましょう。

さまざまな”生物の量”

「それぞれの生物種がどれくらい存在しているか」は、簡単なようで難しい問いかけです。

”どれくらい”という問いに対し、「全部で〇〇匹」という個体数で答える人もいれば、「全部で〇〇kg」という重量で答えることもできます。

また、生物=エネルギーをもつ物質と考え、「全部で〇〇kcal分の生物」とみなしたり、すべての生物を元素レベルまで分解し「全部で炭素原子〇〇個分、酸素原子〇〇個分…」と答えても、生物の量を表すことに間違いはないでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka