国語言葉の意味

【慣用句】「魔がさす」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「魔がさす」について解説する。

端的に言えば「魔がさす」の意味は「出来心が起きて誤った行動をしてしまうこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で5年間のライター経験を持つEastflowerを呼んです。一緒に「魔がさす」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/eastflower

語学好きで英語、中国語が得意な5年目のライター。今回の「魔がさす」はみなさんの中でも多くの方が一生に何回かは経験し、あとで後悔する人も少なくありません。この言葉の起源を含めて、どんな場面で使えるのかを解説していきましょう。

「魔がさす」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「魔がさす」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「魔がさす」の意味は?

まずは、国語辞典の意味から見ていきましょう。

悪魔が心に入りこんだように、一瞬判断や行動を誤る。出来心を起こす。「―・して人の財布に手をのばしてしまう」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「魔がさす」

「魔がさす」(まがさす)の「魔」(ま)とは、仏教で登場する魔王である「魔羅(まら)」から「魔」の一字をとったものだと言われています。「魔がさす」の「さす」とは入り込むという意味で、全体的な意味としては「まるで魔王が心に入ってきたように普段の理性的な自分とは異なり、誤った行動をしてしまう」ことです。

「魔がさす」の語源は?

次に「魔がさす」の語源を確認しておきましょう。
「魔がさす」(まがさす)の「魔」(ま)は、仏教で登場する「魔羅(まら)」に由来すると申し上げましたが、「魔羅」は人の心を惑わすためにしばしば人の心に入り込むと言われています。「魔がさす」のは、日常的に法律や規則に違反しても気にしない人だけではなく、普通の人でも「魔がさす」経験した方は多いのです。イエス・キリストや釈迦(しゃか)のように教養が高く責任感の強い人ででさえ、自分の中の煩悩と言う名の「魔」に負けそうになったこともあり、人間とは、男性女性を問わず年齢を問わず、ときには間違い起こす動物なのかもしれませんね。

\次のページで「「魔がさす」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: