理科生態系生物

簡単でわかりやすい!硬葉樹林はどんなところ?バイオームや特徴的な動植物も現役講師が詳しく解説

この記事では「硬葉樹林」というキーワードについて勉強していこう。

この言葉の出てくる「バイオーム」の分野は、純粋な知識量の勝負になる。硬葉樹林とはどんなものなのか、どんなところに成立するのか…具体的な地名や植物の名前をしっかり覚えておきたいところです。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

硬葉樹林とは

硬葉樹林(こうようじゅりん)は、硬く小さな葉をもった樹木が主となる樹林です。一年中緑色の葉をつける常緑の広葉樹林(常緑広葉樹林)の一種とも説明されます。

樹木の種類

そうですね。まず、樹木は葉の形によって”広葉樹””針葉樹”に分けられます。広葉樹はいわゆる”葉っぱ”の形、針葉樹は松などにみられる、針のようにとがった形の葉をもつ樹木です。

さらに、樹木が一年中緑色の葉をつけているか、秋にすべての葉を落とす=落葉してしまうかによって、”常緑樹””落葉樹”に分けられます。

もっとも、”常緑樹”といっても一度ついた葉が永遠に維持されているわけではありません。それぞれの葉が異なるタイミングで、新しい葉に置き換わっているだけです。

この「葉の形状」と「葉が一度に落ちるか否か」の2つの特徴を組み合わせると、以下のような言葉になります。

・常緑広葉樹
・常緑針葉樹
・落葉広葉樹
・落葉針葉樹

今回ご紹介する硬葉樹林を構成する樹木は、常緑広葉樹が主となります。一年中、葉をつけている様子をイメージしてくださいね。

バイオームとは

さて、高校生が生物学で「硬葉樹林」という言葉を耳にするのは、バイオームについて学習するときでしょう。

あるエリアにすんでいる「すべての生物」をひっくるめてバイオーム(生物群系)といいます。バイオームは、そのエリアの年間平均気温と年間降水量によって、大きく10のタイプに分けることができるんです。

\次のページで「硬葉樹林の植物の特徴」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: