理科生態系生物

簡単でわかりやすい照葉樹林の特徴!動植物などバイオームも現役講師が詳しく解説

今回の記事のテーマは「照葉樹林」です。

照葉樹林というタイプの森林は、多くの日本人にとって最も身近であるはずの自然です。照葉樹林がどんなところに成立するのか、どんなバイオームがみられるのかを学んでいこう。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

照葉樹林とは

照葉樹林(しょうようじゅりん)とは、葉の表面がテカテカしている常緑広葉樹が多くみられる森林をいいます。日本を含めた温帯に成立するので、皆さんの身近にも、照葉樹林に生えるような樹木が存在しているでしょう。

高校の生物学において、照葉樹林や夏緑樹林、針葉樹林といった森林の名前は、バイオームのタイプとして学習することになります。

バイオームとは

バイオームとは

image by Study-Z編集部

バイオーム(生物群系)とは、ある土地に生育しているすべての生物(動物・植物・菌類など)をひっくるめてさす言葉です。

バイオームは基本的に、その場所に生育する植物によって左右されてきます。「どんな植物が生えているか」は、「その場所にどんな動物が生息するか」につながってくるので、バイオームのタイプは植生のタイプといっても過言ではありません。

世界には様々な環境が存在しますが、高校の教科書ではバイオームを大まかに10のタイプに分けて学びます。照葉樹林はそのうちの一つですね。

その土地にどんなバイオームが成立するかは、年間の平均気温と降水量が関係します。どんなに植物の種が運ばれてきても、水と、凍らない程度の気温がなければ、ほとんどの植物は育つことができません。

image by iStockphoto

10のタイプのバイオームを見ると、「~樹林」となっているタイプは年間降水量がある程度見込まれる土地にしか成立できないことがわかります。樹木は成長にたくさんの水分を必要とする植物だからです。照葉樹林の生育する地域は年間降水量が約1000mm以上、年間平均気温が13~20℃くらいは必要となります。

なぜ葉っぱが「テカテカ」している?

照葉樹林を構成する樹木に、葉のテカテカしているものが多いのか…その理由は降水量にあります。

雨の多い場所に成り立つ森林(熱帯多雨林など)では、充分な水分が確保できるため、樹木の葉は、大きく柔らかいものでも問題ありません。しかし、そういった環境よりもやや雨の少ない温帯になると、水分をなるべく逃がさないようにする工夫が必要になります。

照葉樹林にみられる樹木の葉は、表面に硬いクチクラ層を発達させることで、水分の過剰な蒸発を防いでいるんです。このクチクラ層が、「テカテカ」の正体なんですね。

\次のページで「日本の照葉樹林」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: