英訳英語

【英語】「24時間営業」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「24時間営業」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「open 24 hours」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC850点で、オーストラリアに住んで10年になるライターakikoを呼んです。一緒に「24時間営業」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/akiko

日本では英文学、オーストラリアでは国際貿易とマーケティングを専攻。シドニーに住んで10年、ネイティブが実際に使う自然な英語を紹介する。

「24時間営業」の意味と使い方は?

日本にはコンビニを始めとして「24時間営業」のお店がたくさんありますね。英語では「24時間営業」はどのように表現できるのでしょうか。まずは「24時間営業」の日本語の意味と使い方を見ていきましょう。

「24時間営業」の意味

辞書によると「24時間営業」には、次のような意味があります。

「営業」

利益を得る目的で、継続的に事業を営むこと。また、その営み。特に、企業の販売活動をいう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「営業」

「24時間営業」の使い方・例文

「営業」とは「利益を得る目的で事業を営むこと」という意味です。1日は24時間なので、「24時間営業」とは「終日休みなく事業を営むこと」という意味になるのですね。次に「24時間営業」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.あそこのスーパーは24時間営業だ。
2.この辺りには24時間営業している店は少ない。
3.もっと人を雇わないと24時間営業を継続することは難しい。

\次のページで「「24時間営業」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: