国語言葉の意味

【四字熟語】「独立不羈」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

今回は「不羈」を「free」で表現したが、正しく英訳するならば「freedom from restraint」となるだろう。直訳すると「抑制からの解放」という意味だ。「不羈」は、束縛されないで自由であるという意味だから、細かなニュアンスを伝えるならば「freedom from restraint」を用いても良いかもしれないな。

「独立不羈」を使いこなそう

この記事では「独立不羈」の意味・使い方・類語などを説明しました。「独立不羈」は、日常会話で使う四字熟語ではありませんが、とても深い意味であるため記事やブログなどでよく使われています。やはり、簡単に「独立不羈」の精神といっても、実践するのはなかなか難しいですよね。束縛されていないつもりでも、意志を強く持たなければ無意識のうちに他人の意見に囚われてしまいます。だからこそ、物事に対して疑問に持つこと、自分の考えで行動することが大切なのではないでしょうか。

「束縛」の反対語は「自由」もしくは「解放」になります。自由であるということは、責任を持つこと。そして、責任を持って行動してこそ、他人に制御されない自分の人生を歩んでいるといえるはずです。もしも、あなたがインターネット上に転がるたくさんの情報に惑わされそうになったら、ぜひ「独立不羈」を思い出してみてください。

1 2 3 4
Share: