国語言葉の意味

【四字熟語】「独立不羈」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

「独立不羈」の対義語は?

「独立」の反対は「依存」になります。そこで今回は、「人に流されやすい」や「人に頼りきり」といった意味合いで「独立不羈」の対義語をみていきましょう。

「付和雷同」

「付和雷同(ふわらいどう)」の意味は、自分の主義主張がなく、安易にほかの意見に賛成すること。「付和」という言葉自体が、自分にしっかりした考えがなく、たやすく他人の意見に同調してしまうという意味になります。「雷同」も、雷の音が周囲に響き渡る様子から転じて、自分自身の考えがなく、むやみに他人の意見や説に同調するという意味になりました。どちらも似たような意味の言葉を並べることによって、流されやすい様子を強調しているといえますね。

「付和雷同」は波風を立てないため、悪くないような印象を持つかもしれません。しかし、考えずに同調するということは、たとえ間違っていることでも賛同してしまうことなります。さらに、上司や先輩が「付和雷同」であった場合、考えがコロコロ変わるため、部下が振り回されてしまうでしょう。ビジネスで成功したいならば、「付和雷同」よりも「独立不羈」であるべきではないでしょうか。

「負んぶに抱っこ」

「負(お)んぶに抱(だ)っこ」の意味は、全て他人に頼りきりになること。幼い子供が歩くのに疲れて、親に「おんぶして」や「だっこして」と要求してきますよね。まだ子供だから良いものの、大人がしていたら大変恥ずかしい行為といえます。「負んぶに抱っこ」は、他人の好意を利用して、人のお世話になりっぱなしの状態を差しているといえるでしょう。

「いつまでも負んぶに抱っこじゃダメだぞ」と言われたら、これまでの考えや姿勢を改めなくてはいけません。「独立不羈」を心掛ける前に、まずは精神的に「自立」するべきだといえますね。

「独立不羈」の英訳は?

image by iStockphoto

では、「独立不羈」を英訳すると、どのような表現があるのでしょうか。

「a free and independent」

free」は「自由」や「束縛のない」という意味。「independent」は「独立した」や「依存しない」という意味になります。直訳すると「自由と独立」という意味になり、「独立不羈」として使うことができるでしょう。「独立不羈の精神」を英訳するならば「a free and independent spirit」と表現することができますね。

「self-reliance」

「self-reliant」は、「独立不羈」というよりは「独立独歩」に近い意味となります。「self」は「自分」という意味。は「reliant」は「信頼」や「当てにすること」という意味になります。「- (ハイフン)」で2つの単語を1単語として表すことができるので、「self-reliance」は「独立独歩」及び「独立不羈」として使うことができるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: