国語言葉の意味

【慣用句】「故郷に錦を飾る」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「故郷に錦を飾る」について解説する。

端的に言えば故郷に錦を飾るの意味は「出世して故郷へ帰ること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広告会社で経験を積み、文章の基本と言葉の使い方を知るライターのHataを呼んだ。一緒に「故郷に錦を飾る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Hata

以前は広告会社に勤務しており、多くの企業の広告作成経験を持つ。相手に合わせた伝え方や言葉の使い方も学び、文章の作成や校正が得意。現在はその経験をいかし、ライターとして活動中。

「故郷に錦を飾る」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 50483989

それでは早速「故郷に錦を飾る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「故郷に錦を飾る」の意味は?

「故郷に錦を飾る(こきょうににしきをかざる)」には、次のような意味があります。

故郷を離れていた者が、立身出世して晴れがましく故郷へ帰る。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「故郷へ錦を飾る」

「錦(にしき)」とは、金や銀の種々の色糸で模様を織った華やかな絹織物のこと。そのような豪華なもののため、衣装として身につけることができるのは、まさに成功や出世した人の証とも言えるでしょう。

成功して豪華な衣服を着て故郷に帰ってこれるほどの人物になった、という意味から「故郷に錦を飾る」という慣用句が生まれました。

なお辞典などによって「故郷“へ”錦を飾る」とも記されることもありますが、どちらを用いても問題ありません。まったく同様の意味の言葉です。

「故郷に錦を飾る」の語源は?

次に「故郷に錦を飾る」の語源を確認しておきましょう。この言葉は中国の歴史書のひとつ、『梁書(りょうしょ)』劉之遴伝(りゅうしりんでん)が出典と言われています。

ここに記されているのが「高祖謂いて曰(いわ)く、卿の母は、年徳並らびに高し。故に卿をして錦を衣(き)て郷に還り、栄養の理を尽くさしめんと。」という文です。優れた才能を持つ、劉之遴(りゅうしんりん)という青年に対し、武帝が「貴方の母親は年も徳も高い。そのため、貴方に錦の着物を着せて故郷に帰らせ、母親にも美しい服とおいしい食事をすすめて大事にしてほしい」と言い、錦を与えました。

これが「故郷に錦を飾る」の由来と言われています。

次のページを読む
1 2 3
Share: