国語言葉の意味

【四字熟語】「神色自若」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「神色自若」について解説する。

端的に言えば「神色自若」の意味は「平然と落ち着いていること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「神色自若」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。
国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「神色自若」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「神色自若(しんしょくじじゃく)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「神色自若」の意味は?

「神色自若」には、次のような意味があります。

[ト・タル][文][形動タリ]重大事に直面しても少しも顔色を変えず、落ち着いているさま。
「モニカは―としてその前に進み、跪き」〈長与・青銅の基督〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)「神色自若」

漢字を分解すると、「神色」は「精神と顔色」のこと。顔色のみを意味する場合もあります。「自若」は「大ごとに際しても落ち着いていて、平常であるさま」。合わせて「重大な場面でも顔色ひとつかえず、落ち着いている様子」を表します。

「神色」は、字だけ見て「神様」などを想像してしまうと、勘違いする可能性があるため注意しましょう。ここでは「心神(しんしん=精神)」という熟語のように、精神を指す言葉になっています。スピリチュアルな意味はありませんので、意味を選ばせる選択問題などで間違えないようにしてくださいね。

「自若」の「若」は、「わかい」ではなく「~のごとし(~のようである)」という意味があります。「自然のまま、自分のあるがままのごとし」で、「いつも通り、平常のとおり」ということになるのですね。少し難しいですが、試験では出題されやすい単語のため、合わせて押さえておきましょう。

「神色自若」の語源は?

次に「神色自若」の語源を確認しておきましょう。この言葉は、中国晋王朝の歴史書『晋書』のなか、王戎(おうじゅう)という人物についての記述に見ることが出来ます。

王戎は優れた政治家・軍人で、幼いころからその才能の一片を発揮していました。檻の中にいる獰猛な獣を見物しにいった際も、その恐ろしげな様子に他の人は逃げ出したのに、王戎だけは逃げず、その様子が神色自若である、と表現されているのです。

獣は檻の中にいるため、恐れる必要はないと観察する力があったのでしょうか。何者にも恐れないというよりも、冷静な判断ができるというニュアンスが感じられます。背景を知ると、言葉に込められた意味がより理解できるのではないでしょうか。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: