国語言葉の意味

【慣用句】「お眼鏡にかなう」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「お眼鏡にかなう」について解説する。

端的に言えばお眼鏡にかなうの意味は「目上の人に気に入られる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

営業マネージャーとして勤務し、カナダでの留学を経てライターとして活動中のナガタナミキを呼んだ。一緒に「お眼鏡にかなう」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ナガタ ナミキ

外資企業の営業マネージャーとして勤務し、相手に伝わる会話表現やコーチングスキルについて学ぶ。カナダでの留学を経て、言葉の持つニュアンスや響きを大切にするライターとして現在活動中。

「お眼鏡にかなう」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 46184295

それでは早速「お眼鏡にかなう」の意味や語源・使い方を確認していきましょう。

「お眼鏡にかなう」の意味は?

「お眼鏡にかなう」には、次のような意味があります。

目上の人に評価される。お気に入る。「監督の―・った新人選手」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「御眼鏡に適う」

「お眼鏡にかなう」とは「目上の人に評価される」ことを表す慣用句です。「御眼鏡にかなう」「お眼鏡に適う」「眼鏡にかなう」と表記されることもあります。

自分よりも歳上であったり、役職が上である人物に気に入られること、良いと認められることが「お眼鏡にかなう」ことですが、なぜ「眼鏡」がこの慣用句に使われているのでしょうか。次項で語源について確認しましょう。

「お眼鏡にかなう」の語源は?

次に「お眼鏡にかなう」の語源についてです。

ここでの「眼鏡」とは、実は私たちが日常生活で用いるサングラスや視力を調整するための眼鏡ではありません。以下で詳しく意味を確認しましょう。

\次のページで「「お眼鏡にかなう」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: