国語言葉の意味

【慣用句】「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「喉元過ぎれば熱さを忘れる」について解説する。

端的に言えば喉元過ぎれば熱さを忘れるの意味は「熱いものも、飲みこんでしまえばその熱さを忘れてしまう」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の意味は?

「喉元過ぎれば熱さを忘れる(のどもとすぎればあつさをわすれる)」には、次のような意味があります。

1.熱いものも、飲みこんでしまえばその熱さを忘れてしまう
2.苦しい経験も、過ぎ去ってしまえばその苦しさを忘れてしまう。
3.苦しいときに助けてもらっても、楽になってしまえばその恩義を忘れてしまう。

出典:goo辞典「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」は、言葉の通り、『熱い物でも、飲み込んでしまったら熱さを忘れてしまう』という様子を表しています。

そんな様子から転じて「苦しい経験も、過ぎた後は苦しさを忘れる」や「苦しい時に助けられたことは、楽になると恩義を忘れる」という意味も持つのです。

つまり、時間が経つにつれて、「経験や苦労」または「受けた恩義」を忘れてしまうという意味で使われます。

また、苦しい経験をしたのにも関わらず、その経験を生かせなかった場合も当てはまりますよ。

江戸いろはかるたの「の」になっています。

書く時には、「熱さ」を「暑さ」と書かないようにしてくださいね。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の使い方・例文

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
要