国語言葉の意味

【四字熟語】「飲水思源」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「飲水思源」について解説する。

端的に言えば飲水思源の意味は「物事の基本を忘れないことや他人からの恩を忘れてはいけないということ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「飲水思源」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「飲水思源」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「飲水思源」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「いんすいしげん」です。意味から語源や使い方まで幅広く見ていきますよ。

「飲水思源」の意味は?

「飲水思源」には、次のような意味があります。まずは、基本的な意味合いをチェックしていきましょう。

1.物事の基本を忘れないという戒めの語。また、他人から受けた恩を忘れてはいけないという戒めの語。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「飲水思源」

「水を飲みて源を思う」と訓読することができ、水を飲むときには水源のことを考えるということがもとの意味になっています。

「飲水思源」は「基本を忘れない、恩を忘れない」という意味ですが、誰しも今あるのは誰かのおかげと言えますよね。そういうことから、今から遡って考えてみて感謝の気持をもつということです。

「飲水思源」の語源は?

次に「飲水思源」の語源を確認しておきましょう。

「飲水思源」の由来は、北周の庾信(ゆしん)という詩人が書いた『徴調曲』という作品です。そこには、「其の実を落とすものは其の樹を思い、其の流れに飲むものは其の源を思う」とあります。井戸の水を飲む者は井戸を掘った人のことを思いなさいということです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810