国語言葉の意味

【慣用句】「ご多分に漏れず」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ご多分に漏れず」について解説する。

端的に言えばご多分に漏れずの意味は「例外ではなく」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「ご多分に漏れず」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「ご多分に漏れず」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「ご多分に漏れず」というのは、ビジネスシーンでよく耳にする表現です。ビジネスにおいては、言葉を知らないことで焦ってしまうケースも少なくありません。大人としては、知っておきたい慣用句の1つです。

それでは早速「ご多分に漏れず」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ご多分に漏れず」の意味は?

「ご多分に漏れず」の読み方は、『ごたぶんにもれず』です。

「ご多分に漏れず」には、次のような意味があります。

1.例外ではなく。
2.他と同じように

「多分」:大部分、大多数

出典:語源由来辞典「ご多分に漏れず」

「ご多分に漏れず」とは、『例外でなく』や『他と同じように』という意味があります。

「多分」というのは、『大部分』や『大多数』という意味です。ここでは、『世間一般』と解釈することも出来ます。つまり、「世間一般から漏れる(外れる)ことがない状況」を表しているのです。そういった意味から、「他と同じもの」や「世間一般と同じ」、「例外なく」といった意味になります。

「御多聞に漏れず」や「ご多分に洩れず」と表記されているケースもありますよ。ただ、「ご多聞に漏れず」や「ご他聞に漏れず」という表記は誤りです。

「ご」というのは、尊敬や謙譲を表すもの。今回の「ご多聞に漏れず」の場合には必ず「ご」が必要で、「多分に漏れず」とは言いません。

「ご多分に漏れず」の語源は?

次に「ご多分に漏れず」の語源を確認しておきましょう。

「多分」は、世間一般や大部分という意味です。また、「漏れる」というと、液体や気体、音、光が容器や仕切りから外へ少しずつ出る様子をイメージできますね。

それぞれの言葉の意味から、「一人の漏れもなく世間一般のみんなが同じ意見であり、同じ行動をする」という言葉として使われるようになりました。

明確な語源や由来はわかっていませんが、それぞれの言葉の意味から誕生したと言われています。そして、大正から昭和の文豪、泉鏡花の「売色鴨南蛮」という作品に、「ご多聞に漏れず」という表記が使われているため、それより前から使われていた慣用句です。

「ご多分に漏れず」の使い方・例文

「ご多分に漏れず」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3
Share:
要