国語言葉の意味

〝多分〟って何のこと?「ご多分に漏れず」の意味と使い方・間違いやすい漢字・類語を活字系メディア出身ライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。人前でのあいさつなどで「ご多分に漏れず」という言い回しを聞いたことがあるだろう。

うまく使えると表現に幅が出るが、自信を持って言える人は多くないかもしれないな。「ご多分」と「多分」は同じなのか違うのか。「多分」「他聞」「多聞」はどう違うのか。

活字系メディアで長年執筆してきたライター・吹雪猛を呼んだ。一緒に「ご多分に漏れず」の意味や使われ方を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/吹雪猛

長年、活字メディアで記事の執筆・編集に携わり、このたびフリーライターに。とことん調べないと気が済まない体質らしい。

「ご多分に漏れず」の意味と使い方

image by iStockphoto

「ご多分に漏れず」という表現を聞いたことがありますか。パッと耳にしたとき、「ご多分」「御多分」という文字が思い浮かぶでしょうか。使い方や間違いやすい漢字、類語などを詳しく紹介します。

意味は「世間一般と同じ」「例外ではなく」

「ご多分に漏れず」を解説している国語辞典をチェックしてみましょう。紙版の多くの辞書では「多分」「ご多分」という見出し語の、よく使われる例のひとつとして解説していますが、ネットの辞書では「御多分に漏れず」で一項目立てているものもありました。

他の大部分の人と同様に。例外ではなく。

 引用:精選版日本国語大辞典「御多分に漏れず」

世間と同じように。例外ではなく。

 引用:デジタル大辞泉「御多分に漏れず」

どちらの辞書にも「例外ではなく」がありますね。そもそも「多分」という言葉自体が「数が多いこと」「大多数」を意味しているので、「少数派」ではなく「多数派」に含まれている状態と考えるとわかりやすいでしょう。

「おそらく」の意味の「たぶん」も「多分」と同じ?

辞書で「多分」を引いてみましょう。名詞の場合は先に書いた「数が多いこと」「大多数」を意味しますが、ここでは副詞的な用法に着目します。

〔副〕①その可能性が強いことを判断していう。おおかた。多くは。十中八九。大抵。

②不確かな事例について、こうだろうと推測する場合にいう。おそらく。

 引用:日本国語大辞典「たぶん(多分)」

「おおかた」「おそらく」とあるように、厳密ではないけれども、そのように推測されるという場合に、ふだんからよく使いますね。「多分=たぶん」なのです。

「多分」と「ご多分(御多分)」違うの?

では「多分」と「ご多分(御多分)」は同じ言葉でしょうか。「ご(御)」を付けて丁寧にしただけ? 実は辞書によっては、別々の見出し語として解説されているものがあります。先ほどと同じ「日本国語大辞典」です。

\次のページで「「ご多分に漏れず」の使い方を例文でチェック」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: