この記事では「不幸中の幸い」について解説する。

端的に言えば不幸中の幸いの意味は「不幸な出来事の中でも救いになること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んです。一緒に「不幸中の幸い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「不幸中の幸い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「不幸中の幸い」という表現を聞いたり、使ったりしたことがある人は少なくないはずです。しかし、正しい使い方や意味を理解している人は多くありません。

そこで今回は、「不幸中の幸い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「不幸中の幸い」の意味は?

「不幸中の幸い(ふこうちゅうのさいわい)」には、次のような意味があります。

1.不幸な出来事の中でせめてもの救いとなること。

出典:goo辞典「不幸中の幸い」

「不幸中の幸い」という表現は、『起きてしまった出来事は、起きない方が良かった』というニュアンスを含んでいます。それでも、『起きない方が良い出来事だったが、まだ救いとなることがあった』という様子を表しているのです。

まとめると、「起きない方が良かったけれども、まだ救いとなることもあり、最悪の事態は免れた」という状況になります。マイナスの意味を持っているように見えますが、慰めのような良い事も含まれるためプラスの意味で使われることが多いです。

運の良さや幸運に恵まれた状況を示す慣用句になります。

「不幸中の幸い」の語源は?

次に「不幸中の幸い」の語源を確認しておきましょう。

実は、「不幸中の幸い」という言葉の語源は、明確にわかっていません。しかし、どんな時代であっても、不幸な出来事の中にも救いになる事柄があったと言われています。

その出来事は、「洪水が原因で家屋の被害は大きかったが、けが人や死者はいなかった」など、現代でも「不幸中の幸い」に当たる出来事と同じような事だったようです。

「不幸中の幸い」の使い方・例文

「不幸中の幸い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

「不幸中の幸い」というのは、例えば以下のような事柄です。

・火事で家が全焼してしまったが、家族にけがはなかった
・事故で車はダメになってしまったが、乗っていた人は無事だった
・生死をさまよったが、後遺症もなく復帰することができた

具体例を踏まえ、この言葉の使い方を見ていきます。

\次のページで「「不幸中の幸い」の類義語は?違いは?」を解説!/

1.崖から転落したのに、軽症で済んだのは不幸中の幸いでした。
2.台風で家がめちゃくちゃになってしまったが、命だけは助かり不幸中の幸いだったな。
3.風が吹いていなかったことが不幸中の幸いで、火事の延焼を防ぐことが出来た。

「不幸中の幸い」を使う際には、『起こってほしくなかったが起こってしまった事』と『まだ救われた事』を合わせて使われることが多いです。

1つ目と2つ目の例文は、出来事に対して「不幸中の幸いだった」と述べている例えになります。

また、3つ目の例文は、最悪な事態を防ぐことができた要因を挙げて「不幸中の幸い」の『救い』にあたる事柄を強調する形となっているのです。

例文を見てもわかるように、不幸な出来事が先に起きます。その後、救いになる事を見つけた状況が当てはまるのです。

ニュースでも被害が小さい時などに「不幸中の幸い」という表現が用いられます。そのため、どんな場面で用いても問題ない表現と言えそうです。

「不幸中の幸い」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「不幸中の幸い」の類義語として、以下のようなものが挙げられます。

・地獄で仏
・勿怪の幸い
・芽が出る
・せめてもの慰め
・命あっての物種
・唯一の救い

今回は、「命あっての物種」について詳しく見ていきましょう。

「命あっての物種」

「命あっての物種(いのちあってのものだね)」とは、『何事も命があってこそ』という意味のことわざです。「死んでしまっては、元も子もない」や「命に関わるような危険なことは避けましょう」といった戒めも含まれています。

「物種」というのは、野菜の種が最もイメージしやすいですが、『物事の根源となること』を指している言葉です。つまり、「命は物事の根源だ」という事ですね。

具体的には、以下のような使い方になります。

・命あっての物種だから、あまり頑張りすぎは良くないよ。
・火遊びなんて、とんでもない!命あっての物種だよ!

「不幸中の幸い」は、さまざまな場面に使える表現で、『命が助かって良かった』というニュアンスを含む場合もあります。ただ、「命」だけに注目しているわけではないため、焦点の当て方で「命あっての物種」とは少し異なるのです。「命あっての物種」という慣用句では、「命」に注目した表現になります。

「物だね」という誤りも多いため、正しい表現を覚えておいてくださいね。

\次のページで「「不幸中の幸い」の対義語は?」を解説!/

「不幸中の幸い」の対義語は?

「不幸中の幸い」の類義語として、以下のようなものが挙げられます。

・好事魔多し
・泣きっ面に蜂

今回は、「泣きっ面に蜂」について詳しくご紹介していきますね。

「泣きっ面に蜂」

「泣きっ面に蜂(なきっつらにはち)」は、「不幸や災難が重なるという例え」と表しています。

言葉通り、泣いた後のむくんだ顔を、さらに蜂に刺されるという状況です。このことから、『困難や悲惨な状況において、さらに不幸や災難がかさなって起こる』という意味になります。

「泣き面に蜂」と表されることもありますよ。

具体的には、以下のように用いられます。

・最近悪いことが続いていて、泣きっ面に蜂だよ。
・駅から家まで雨に打たれて帰ったにも関わらず、カギがなくて家に入ることが出来なかったよ。泣きっ面に蜂とは、まさにこのことだ。

「不幸中の幸い」という言葉は、不幸が起きた中にも救いとなる出来事がありました。一方の「泣きっ面に蜂」では、不幸が起きて、さらに不幸が起きるという不幸の連鎖が表されています。不幸に対する印象や結果において、反対の意味を表す言葉と言えますね。

「不幸中の幸い」の英訳は?

image by iStockphoto

「不幸中の幸い」の英訳には、表現方法が2つあります。

1つ目は、「不幸中の幸い」と同じ意味で使われる決まり文句です。

・Thank goodness for small favours.
・Grateful for small mercies.

2つ目は、「不幸中の幸い」と同じニュアンスを表す言い方

\次のページで「決まり文句「Thank goodness for small favours. 」」を解説!/

・It could have been worse.
・You are lucky it was not worse.

それぞれ詳しく見ていきましょう。

決まり文句「Thank goodness for small favours. 」

「Thank goodness for small favours. 」は、「小さな恩が与えられたことに感謝します」という意味です。

他にも、「Grateful for small mercies.」(小さな情けに感謝します)という表現もあります。

不幸な状況の中でも、「favours(恩)」や「mercies(情け)」を受けたことを感謝しているのです。英語では、良いことに対して先に感謝を述べる表現が多くあります。

そして、これらの表現は「不幸中の幸い」と同じような意味で、決まり文句として使われている表現です。

ニュアンスから「不幸中の幸い」を表す英訳

決まり文句以外にも、「不幸中の幸い」を表す言い方があります。

1つは、「It could have been worse.」(もっと悪くなる可能性もありました)という英文です。「最悪の状況にならなくてよかった」というニュアンスも含んでおり、「不幸中の幸い」と同様の意味を表せます。

「could」は「can(できる)」の過去形ですが、「~の可能性がある」という意味も持っている単語です。また、「~になっていた可能性があった」と過去の出来事に対して述べる場合には、「could have 過去分詞」の形で用います。

2つ目は、「You are lucky it was not worse.」(あなたは、もっとも悪い状況にならず、幸運ですね。)という文章です。『最悪な状況にならなくて、救われた』というニュアンスを持っています。ただ、「不幸中の幸い」よりも軽い言い方になるため、使うタイミングや相手を選ぶ必要がある表現です。

「不幸中の幸い」を使いこなそう

この記事では「不幸中の幸い」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「不幸中の幸い」という言葉は、「救われた」や「最悪な状況が免れた」といったプラスの意味が含まれています。さまざまな場面で使える表現なので、ぜひ覚えてみてください。

" /> 【慣用句】「不幸中の幸い」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「不幸中の幸い」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「不幸中の幸い」について解説する。

端的に言えば不幸中の幸いの意味は「不幸な出来事の中でも救いになること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んです。一緒に「不幸中の幸い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「不幸中の幸い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「不幸中の幸い」という表現を聞いたり、使ったりしたことがある人は少なくないはずです。しかし、正しい使い方や意味を理解している人は多くありません。

そこで今回は、「不幸中の幸い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「不幸中の幸い」の意味は?

「不幸中の幸い(ふこうちゅうのさいわい)」には、次のような意味があります。

1.不幸な出来事の中でせめてもの救いとなること。

出典:goo辞典「不幸中の幸い」

「不幸中の幸い」という表現は、『起きてしまった出来事は、起きない方が良かった』というニュアンスを含んでいます。それでも、『起きない方が良い出来事だったが、まだ救いとなることがあった』という様子を表しているのです。

まとめると、「起きない方が良かったけれども、まだ救いとなることもあり、最悪の事態は免れた」という状況になります。マイナスの意味を持っているように見えますが、慰めのような良い事も含まれるためプラスの意味で使われることが多いです。

運の良さや幸運に恵まれた状況を示す慣用句になります。

「不幸中の幸い」の語源は?

次に「不幸中の幸い」の語源を確認しておきましょう。

実は、「不幸中の幸い」という言葉の語源は、明確にわかっていません。しかし、どんな時代であっても、不幸な出来事の中にも救いになる事柄があったと言われています。

その出来事は、「洪水が原因で家屋の被害は大きかったが、けが人や死者はいなかった」など、現代でも「不幸中の幸い」に当たる出来事と同じような事だったようです。

「不幸中の幸い」の使い方・例文

「不幸中の幸い」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

「不幸中の幸い」というのは、例えば以下のような事柄です。

・火事で家が全焼してしまったが、家族にけがはなかった
・事故で車はダメになってしまったが、乗っていた人は無事だった
・生死をさまよったが、後遺症もなく復帰することができた

具体例を踏まえ、この言葉の使い方を見ていきます。

\次のページで「「不幸中の幸い」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: