国語言葉の意味

【四字熟語】「山高水長」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「山高水長」について解説する。

端的に言えば山高水長の意味は「人の功績や人徳が長く語り継がれること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「山高水長」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「山高水長」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「山高水長」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「さんこうすいちょう」です。意味から語源や使い方まで見ていくと、理解が深まりますよ。

「山高水長」の意味は?

「山高水長」には、次のような意味があります。語源の前に、まずは現在よく使われている意味を正確につかんでおきましょう。

1.山が高くそびえ、川が長く流れるさま。高潔な人の功績や徳望が崇高で、長く人に仰がれることの形容。また、人の品性が広大で高潔なことの形容に用いられることもある。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「山高水長」

「山高」は山がどっしり高くそびえることで功績や徳望の高さを人から仰がれること、「水長」は川の水が絶えることなく流れるということで長く尽きることがないということを表しています。また、「山のごとく高く水のごとく長し」と読み下しますよ。

こういったことから、格別に功績のあった人や徳の高い人は末永く語り継がれるということにつながっています。

「山高水長」の語源は?

次に「山高水長」の語源を確認しておきましょう。

「山高水長」は、范仲淹(はんちゅうえん)によって書かれた『厳先生祠堂記(げんせんせいしどうのき)』に由来します。その中の北宋の范仲淹が後漢の厳光(げんこう)を褒め称えたときの言葉がありました。

范仲淹は「雲山蒼蒼、江水泱泱。先生之風、山高水長。」と表し、意味は「雲にそびえる山は青々とし、大河を流れる水はゆったりとしている。先生の遺風は高潔でありいつまでも伝わっていく。」ということです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810