国語言葉の意味

【慣用句】「世間知らず」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「世間知らず」について解説する。

端的に言えば世間知らずの意味は「経験が浅く、常識がないこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「世間知らず」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「世間知らず」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

他人のことを「世間知らず」と言ったり、誰かに言われたりした経験はありませんか?何気なく耳にすることが多い言葉ですが、正しく意味を確認したことがある方はあまりいないですよね。

今回は、「世間知らず」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「世間知らず」の意味は?

「世間知らず」には、次のような意味があります。

1.経験が浅く、世の中の事情にうといこと。
2.また、その人やそのさま。

出典:goo辞典「世間知らず」

つまり「世間知らず」とは、”経験が浅く、世情をよく理解していない状態”、もしくは”そのような人”を意味します。

ちなみに、「世間(せけん)」とは、社会や世の中、人との交わりやその範囲を指す言葉です。「世間知らず」は、『世間を知らない』という意味ですよね。そのため、「社会や世の中、人間関係に関することを知らない」という意味になるという訳です。

具体的に言えば、一般的な常識を知らなかったり、マナーが見についていなかったりする人になります。他位にも、目上の人への敬語の使い方がなっていないケースや、自分の実力よりも大きな事が出来ると言っている場合にも、当てはまりますよ。

「世間知らず」の使い方・例文

「世間知らず」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
要