世界史

たまたまアメリカ大陸に到達した「コロンブス」の生涯・功罪を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。クリストファー・コロンブスは、ポルトガルやスペインなどヨーロッパの王室の援助のもと大西洋を横断したイタリア人探検家。当時、インドを目指してアメリカ大陸に上陸したことでも知られている。米国は、彼がアメリカ大陸に到達した日を「コロンブス・デー」と名付け、祝日として正式に祝った。

結果として先住民の生活を脅かし、権利を侵害するなど問題となるところも多かった。そんな「コロンブス」の航海の歴史と、それが与えた影響を世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。「コロンブス」は、世界史を語るうえで欠かせない人物。アメリカ大陸の「発見者」とされているが、先住民の虐殺や黄金の強奪などネガティブな行動も目立った。航海者として活躍した「コロンブス」の歴史的意味を考えてみた。

クリストファー・コロンブスとは

image by PIXTA / 1459070

クリストファー・コロンブスは1451年にイタリアのジェノバで生まれた探検家で航海者。あまり注目されませんが本職は奴隷売買でした。世界史の教科書ではアメリカ大陸の「発見者」として紹介されています。

最初にアメリカ大陸の地を踏んだヨーロッパ人

アメリカ大陸を発見したと言われるコロンブスですが、それはヨーロッパの立場からの話。アメリカ大陸には古くから先住民が暮らしているため、発見という表現には語弊があります。

コロンブスは、アメリカ大陸の地を初めて踏んだヨーロッパ人、あるいはキリスト教圏の人と言ったほうがいいでしょう。ヨーロッパ人とアメリカ先住民ははじめて「遭遇した」「接触した」とも言えます。

船乗りとして若者時代を過ごす

コロンブスの父親は、毛織物業により生計を立てていましたが、決して裕福ではありませんでした。そこでコロンブスは10代のころから父親の仕事を手伝うようになり、海に出るようになります。

若者時代のコロンブスがかかわったのは商品の輸出入。イタリアの商人に雇用され、ヨーロッパ各地のほかギリシアやチュニジアやに渡航します。ときには襲撃されて船が沈むこともありました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

コロンブスがアメリカを「発見」したというと、アメリカ先住民の存在を無視することになる。そこであえてカッコをつけて「発見」と記すことが増えてきた。歴史をひとつの視点だけで見てしまうと、そのほかの歴史を無視することなるからな。

航海の夢をふくらませたコロンブス

World according to Marco Polo.jpg
By Henry Yule – The Book of Ser Marco Polo. London, 1871, vol. I, p. cxxxv (https://archive.org/stream/bookofsermarcopo01polo#page/n145/mode/2up)., Public Domain, Link

当時のヨーロッパでは探検に夢を膨らます少年がたくさんいました。探検は一攫千金のチャンスでもあったからです。コロンブスは、弟と一緒に地図を制作・販売しながら、航海の実績を重ねていきました。

マルコ・ポーロ『東方見聞録』の黄金の国ジパング

一攫千金をあてる渡航先として注目されたのが黄金の国ジパング。マルコポーロは、中国の先にジパングという島国があり、黄金で作られた宮殿があると紹介。そこで日本は黄金の国というイメージが定着しました。

マルコ・ポーロが伝えた黄金の宮殿は平安時代末期につくられた平泉の中尊寺金色堂と言われています。実際に東北エリアで産出された砂金を中国に輸出。中国からその話が伝わったのかもしれません。

地球球体説から西回りの航路を計画

もともと地球平面説が流通していましたが、コロンブスの時代には地球球体説が定着。想定されていた地球のサイズは実際よりも小さかったものの、一周すればアジアにある黄金の国に到達できると考えられました。

コロンブスも地球球体説を根拠に、西廻りで航海することで黄金の国に到達できると考えます。この時点で想定さた未知のエリアはアジア。アメリカ大陸の存在はまだ認識されていませんでした。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

コロンブスの目的は黄金の国を見つけて莫大な富を手に入れること。彼の最終ゴールはジパングだったのかもしれない。しかし、偶然にも到着したのがアメリカ大陸。計画的に「発見」したわけではなかった。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke