国語言葉の意味

【四字熟語】「金城鉄壁」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターが解説!

「金城鉄壁」の使い方・例文

「金城鉄壁」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.かつては金城鉄壁を誇ったであろう城も、今では見る影もない。
2.あのサッカーチームのディフェンスは金城鉄壁なことで有名だ。
3.この成績では金城鉄壁に見えた志望校も、先生のフォローと地道な勉強で見事合格し入学することができた。
4.一見すると彼のアリバイはまさに金城鉄壁で、周囲の誰も最初は彼が犯人だと見抜けなかった。

「金城鉄壁」はもともとの意味通り建物に用いることもできますが、比喩表現として用いることも可能です。実際今回の例文も1は城に対して用いていますが、2~4は「守りが堅い」「付け込む隙がない」という比喩表現で使用されています。

また、「金城鉄壁」を人の様子や気持ちに用いることも可能です。実際に、葛西善蔵の小説『贋物』の中に「金城鉄壁」が用いられています。この中に「藁(わら)と薄縁(うすべり)を敷いたうす暗い書斎に、彼は金城鉄壁の思いかで、籠っていた。」という文がありますが、気持ちの表現として「金城鉄壁」が用いられているのがわかるでしょう。

このように「金城鉄壁」は、人や物を問わずに使用することが可能です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「金城鉄壁」はあまりビジネスでも日常会話でも使われない単語だろう。だがしっかりと意味を知って使うことで語彙力も鍛えられる。まさに「金城鉄壁」な語彙力を目指して言葉の理解を深めておくようにな。

「金城鉄壁」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ここでは「金城鉄壁」と似た意味を持つ類義語を見ていきましょう。

「金城湯池」

「金城湯池」は「きんじょうとうち」と読む四字熟語。“非常に守りが堅い”ことをたとえた言葉です。

「金城」は金でできた城壁、「湯池」は熱湯をたぎらせた堀のことを指しており、守りが堅くて簡単には攻められない様子をたとえています。

「金城鉄壁」と同様に守りが堅い城の様子が由来となっており、用語の意味もほぼ同義と言えるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: