平安時代日本史歴史

俗に言う源平合戦「治承・寿永の乱」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説

「治承・寿永の乱」は平安時代末期に起こった日本の内乱で、またの名を「源平合戦」というぞ。こっちの名前なら知っている人も多いんじゃないか?この内戦で主立って戦ったのは名前通り源氏と平家です。

今回はこのテーマを歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していきます。

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は源義経をテーマに執筆。源平合戦は得意分野。

1.平安時代末期、荒れる日本と政治

image by PIXTA / 53607778

朝廷を牛耳る平家一門

「源平合戦」の名前で知られる「治承・寿永の乱」。まずは、その発端となった平安時代末期の日本の情勢からみていきましょう。

当時、日本の政治を担っていた天皇を中心とする朝廷。なかで最も権勢を振るっていたのが平家でした。平家は貴族ではなく、武士の家系です。それ以前の朝廷は貴族中心、とりわけ藤原氏が天皇の外戚として摂関政治を行い、他の貴族よりも頭一つ抜けた権力を持っていました。しかし、上皇(引退した元天皇)自らが政治を執る「院政」が始まり、徐々に藤原氏が弱体化。そこへ「保元の乱」「平治の乱」で功績をあげた武士・平清盛が頭角を現したのです。

もちろん、清盛に対する反発も強かったのですが、平清盛は都の軍事力を掌握していて、反対勢力の貴族たちを次々と逮捕、所領の没収を行います。そして、後白河法皇を幽閉して院政を停止させる「治承三年の役」を起こしました。

後白河法皇の第三皇子・以仁王の挙兵

ですが、そのまま平家の天下は続きません。『平家物語』に「驕る平家は久しからず」とあるように、とうとう「治承・寿永の乱」のきっかけとなる「以仁王(もちひとおう)の挙兵」が起こります。

後白河法皇の三番目の皇子でしたが、後白河法皇が幽閉され、平清盛の孫にあたる安徳天皇が即位することで皇位継承の機会を失っていたのです。さらに追い打ちで所領も没収されたことで、以仁王は平家追討の令旨を全国の源氏に向けて発します。

ここでどうして源氏を名指ししたかと言えば、かつて源氏は平氏よりも頼りにされていた武家であり、また両家はライバルでした。その均衡が崩れたのが平清盛が武功を立てた「保元の乱」や「平治の乱」。そこで生まれた確執によって源氏の生き残りは憂き目に遭い、積もり積もった源氏の恨みつらみが大きな反平氏勢力となったのです。

けれど、以仁王の挙兵は準備が整いきる前に平家にばれて失敗してしまいます。そうして、以仁王は皇族の籍を奪われ、土佐国(現在の高知県)に流罪が決まりました。なんとか以仁王は逃亡をはかるのですが、興福寺に向かう途中で討たれてしまいます。

こうして以仁王本人は亡くなってしまうのですが、平家追討の令旨は生きていて、各地の源氏が立ち上がったのです。

関東の源頼朝、挙兵

image by PIXTA / 7284543

以仁王の声に答え、関東で声を上げたのが源頼朝。そう、あの鎌倉幕府の源頼朝です。源頼朝は東国の武士団に呼びかけ、まずは地固めとして関東にいる平家の息のかかったものたちを襲撃しました。ところが、相模国(神奈川県)の大庭景親との「石橋山の戦い」で敗戦。そこで源頼朝は平家の武士だった梶原景時にいのちを救われ、なんとか帰還を果たします。

その後、源頼朝は甲斐国(山梨県)の源氏、三浦半島の豪族をはじめ多くの豪族を味方にして勢力を拡大していきました。ここから源頼朝は縁のあった鎌倉を本拠地として平家の力の及ばない関東の政権を形成します。これがのちの鎌倉幕府へと繋がるわけですね。

そうして、「富士川の戦い」にて平家にリベンジを果たしたのでした。

清盛の苛烈な遺言

一方、平家では平清盛が病気で亡くなるという一大事が起こります。

清盛が今際のきわに残した遺言は「源頼朝の首を私の墓前にかかげよ」という激しい恨み節でした。というのも、平清盛は「平治の乱」で敵対した勢力の源頼朝の処刑を免除した過去があったのです。情けをかけて助けた子どもが仇となったのですから、この怒りに満ちた遺言も納得がいきますね。

院政を行っていた高倉上皇(平家の血を引く安徳天皇の父)の崩御と、平家を権力の頂に押し上げた清盛を失った平家は急速に衰えていくのでした。

2.源氏も一枚岩じゃない?源義仲の上洛

image by PIXTA / 4733498

\次のページで「鎌倉に留まった源頼朝」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: