平成現代社会

ユーチューバー黄金時代を作った「ゆとり世代」の特徴を元大学教員がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。「ゆとり世代」という言葉は、ある世代の若者や新入社員の特徴や傾向をあらわすときによく使われる。彼らは文部科学省の学習指導要領の改革のさなかにあった年齢層。日本企業など雇用者は、彼らの働き方や考え方にギャップを感じたり、抵抗感を抱いたりすることも少なくない。

自分が「ゆとり」と定義されることにストレスを感じることなく、新しい生き方を実現する若者も。その代表が人気ユーチューバーだ。そんな「ゆとり世代」に関連することを、現代社会に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。現代社会を学ぶとき「ゆとり世代」を避けて通ることはできない。「ゆとり世代」は固定観念により作り出されたものという一面も。明確な理由もなくネガティブに定義されるが、本当にそうなのだろうか?キーワードとともにまとめてみた。

「ゆとり世代」が批判の対象となるのはなぜ?

image by PIXTA / 18149781

「ゆとり世代」という言葉は、基本的にいい意味では使われません。「勉強ができない」「やる気がない」「会社をすぐ辞める」など、ネガティブなイメージがあります。それはどうしてなのでしょうか。

学習量と授業時間が一気に減少した時代

日本の学校教育は、1980年代ごろから徐々に学習量を減らしてきました。そのため「ゆとり世代」の定義は諸説ありますが、厳密には2002年度に新しくなった小中学校の学習指導要領による授業を受けている世代のことを指します。

新しい学習指導要領は、学校で習う知識の量を厳選しながら減らしました。それに伴い、学校で授業を受ける時間も減少。ゆとり世代は、ほとんどの科目において「習っているもの」の数が圧倒的に少ないと言われています。

「ゆとり世代」はマスコミにより造られた概念

「ゆとり世代」という言葉は、文部科学省が正式に使っているわけではありません。また、学習指導要領が改訂されるとき、この概念が登場することもなし。ゆとりある教育を目指しているわけではないのです。

この言葉を使いだしたのがマスコミ。学習量が大幅に減ったことで、深刻な学力低下があることを指摘する記事などで「ゆとり教育」という言葉が登場。そこから「ゆとり世代」という概念が生まれました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ゆとり世代の学習内容の変化で有名なのが「円周率」。これまで3.14と習っていたのが3だけでOKとなった。また、高校では世界史や日本史で習う範囲もだいぶ少なくなっている。

「ゆとり世代」が生まれた背景とは?

image by PIXTA / 38409691

どうして日本の学校では学習量を大幅に減らすことにしたのでしょうか。もともと以前から学校の現場では、ゆとりある教育の必要性を唱える声がありました。

詰め込み教育に対する反省

それまでの学習指導要領に従って授業を行うと、暗記だけになることが問題視。同時に、不登校、いじめ、自殺、非行、落ちこぼれの問題も指摘されました。

その原因として浮かび上がったのが詰め込み教育。ゆとりがない生活を送っているから、子どもの社会性がなくなる、自立できなくなる、自己中心的になるなどして、これらの問題が起こるのだと考えられました。

社会で生きぬくための「考える力」を重視

これらの問題を解決するために、新たなミッションとして示されたのが「生きる力」。知識を詰め込むだけでは「生きる力」が備わらないため、学習量を減少させました。

「生きる力」を備えるために授業の方法に変化が生じます。とくに重視されたのが「考える力」。正解とされる知識を暗記するのではなく、自分の力で考えて正解や考えに行きつくことが大切であるとされました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

このようにしてみると「ゆとり世代」の教育はダメというわけではないようだな。このとき取り入れられたのはアメリカやヨーロッパの教育方法。グループワークや課外活動が増えたのもこの時期だ。

\次のページで「「ゆとり世代」の学校生活」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: