国語言葉の意味

大目って何?「大目に見る」の意味・例文・類義語などを日本放送作家協会会員が解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「大目(おおめ)に見る」について解説する。
端的に言えば、大目に見るの意味は「物事を寛大に処理する」ことだ。日常生活でもビジネスシーンでも使える言葉だから、この機会に意味と使い方をマスターしておこう。
日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んだ。「大目に見る」の意味や語源をチェックし、例文や類義語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「大目に見る」の意味・使い方

image by iStockphoto

さっそく「大目に見る」の意味をチェックし、例文で使い方を見ていきましょう。

「大目に見る」の意味

まず、国語辞典で「大目に見る」の意味をチェックしましょう。

1.分量を少し多いくらいの加減に見積もる。
2 .(大ざっぱに見積もりをする、こまかなところは見ないという意から) きびしくとがめないで、寛大に物事を処理する。

出典:精選版日本国語大辞典「大目に見る」

「大目」「大」は、「大きい」「広い」「量が多い」ことを表す言葉です。また「目」は、量や程度を表す形容詞の語幹に付いて「どちらかといえばその性質を持つ」という意味を表現します。たとえば「少し早目に出掛ける」「細目の糸を選ぶ」といった使い方です。「大目」は「分量がどちらかといえば多い」という意味ですね。

「大目に見る」「分量がやや多いくらいの加減にする」という意味です。また、大ざっぱに見積もりをする、こまかなところは見ないという意味から転じて「きびしくとがめず、寛大に物事を処理する」という意味になりました。

「大目に見る」の例文

次は例文を使って「大目に見る」の使い方を見ていきましょう。

1.これまで多少の失敗には目をつぶってきたが、今度という今度は大目に見るわけにはいかない。
2.今回のことは大目に見ようと思っていたが、少しも反省の様子が見られないので、心を鬼にして厳しい処分を下すことにした。

次のページを読む
1 2 3
Share: