国語言葉の意味

【四字熟語】「百戦百勝」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「百戦百勝」について解説する。

端的に言えば百戦百勝の意味は「どんな戦いにも戦えばかならず勝つこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「百戦百勝」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「百戦百勝」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「百戦百勝」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「ひゃくせんひゃくしょう」です。本来の意味のほか、語源や使い方にも興味深い内容となっていますよ。

「百戦百勝」の意味は?

「百戦百勝」には、次のような意味があります。基本的な意味合いは、ストレートな意味になっていますが、まずは正確な意味を確認しておきましょう。

1.どんな戦いにも、戦えば必ず勝つこと。戦うたびに勝つこと。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「百戦百勝」

「百戦」は百回または数多いの戦いのこと、「百勝」は百回または数多い勝利を手にすることをあらわしています。よって、数多くの戦いに挑んで、全てに勝利するということです。

のちほどの語源で「百戦百勝」が最善ではないという話が出てきますが、「百戦百勝」するのは並大抵のことではありません。勝ち続けるためには、情報を手に入れ戦略を練るなど戦闘力以前の準備が必要になります。「百戦百勝」のためには、目に見えないところでの準備や用意が隠されているものですね。

「百戦百勝」の語源は?

次に「百戦百勝」の語源を確認しておきましょう。

「百戦百勝」という言葉は、孫武(そんぶ)が書いた『孫子(そんし)』の謀攻篇に由来があります。一般的には『孫子の兵法』『孫子の兵法書』と呼ばれることもありますね。内容は、いかに戦いに勝つのかという話ですが、実際に武器を手にして戦う人ではなく、君主向きの話です。

そこには、「百戦百勝は善の善なるものにあらず。戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。」とあります。武力で相手を屈服させて百戦百勝することが最もよいのではなく、戦わずして勝つのが最善の手であるという意味です。戦うことによって兵は傷つき物資も消耗しますから、戦わないほうがいいですよね。

\次のページで「「百戦百勝」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: