世界史

相互不干渉を提唱した「モンロー大統領」の生涯や政治活動を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。ジェームズ・モンローはアメリカの第5代大統領。1823年に会議で宣言されたモンロー主義は、ヨーロッパ諸国とは異なるアメリカ大陸の独自性を表明するもの。相互不干渉という彼の原則は、意味こそ変わるものの、米国の外交政策の基本となった。

モンロー大統領が発信したことは、当時の国内・国際社会のなかでどのように評価されたのだろうか。それじゃ、彼の人物像や宣言の項目などを、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。世界史をたどるとき「モンロー大統領」を避けて通ることはできない。世界の西半球の脱植民地化を宣言するモンロー主義。それを提供したモンローはアメリカ独立戦争に従軍した最後の大統領でもあった。そんな彼の政治活動の時代背景を、関連する写真と共にまとめてみた。

ジェームズ・モンロー大統領とは

Birthplace of Monroe historical marker.jpg
By NyttendOwn work, Public Domain, Link

ジェームズ・モンローとは第5代アメリカ合衆国大統領。1817年から1825年にかけての2期、大統領職を務めました。世界史の教科書に登場する「モンロー主義」の提唱者としても知られています。

バージニア植民地にて生まれたジェームズ・モンロー

1758年にバージニア州のウェストモアランド郡に生まれたジェームズ・モンロー。父親であるスペンス・モンローは中流階級程度の農園主。母であるエリザベス・ジョーンズを結婚して5人の子供をもうけました。

父親の曽祖父はスコットランドからアメリカにやってきた移民。スコットランド高地の一族の長の子孫であると言われています。ウェストモアランドに広大な土地を得て、モンロー家の基盤が作られました。

愛国心あふれる少年時代を過ごす

モンロー少年は16歳になるまでアーチボルド・キャンベル牧師が運営するアカデミーで勉強に没頭。勉強がよくできたモンローはウィリアム・アンド・メアリー大学に入学を果たします。

大学ではイギリス支配に対する反発が高揚。モンローを含めた25人の学生たちは、総督宮殿の武器庫を襲撃して銃や剣を強奪します。次の年、モンローは大学を中退して大陸軍にはいりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

この時期のアメリカはイギリス植民地だったが、独立の機運が高まっていた。そのため大学は学生運動のような雰囲気があったのだろう。モンローは勉強するよりもアメリカの独立にむけて行動を起こしたかった。

アメリカ独立戦争に従軍したモンロー大統領

大陸軍の一員となったジェームズ・モンロー。とくにニュージャージー州におけるトレントンの戦いで活躍しました。ジョン・トランブルの絵画「トレントンの戦い」には負傷して横たわるモンローが描かれています。独立戦争の中心人物としてその名を歴史に残しました。

アメリカ独立戦争とは

アメリカ独立戦争とは、1775年4月19日から1783年9月3日までのあいだに、イギリス本国とアメリカ13植民地のあいだで行われた一連の戦いのこと。この戦争に勝ったことでアメリカは政治的に独立しました。

最初は訓練を受けていない民兵を組織して戦っていました。そこで兵力を高めるために大陸会議は正規の軍隊を設立。ジョージ・ワシントンが総司令官になります。そこで採用された兵士のひとりがモンロー青年でした。

独立にかかわった最後の大統領ジェームズ・モンロー

アメリカ合衆国が成立したあとの大統領は、ジョージ・ワシントン、ジョン・アダムズ、トーマス・ジェファーソン、ジェームズ・マディソンと、13植民地を代表する人物が続きました。

ジェームズ・モンローは独立戦争に直接かかわった最後の大統領。彼のあとに大統領になったジョン・クインシー・アダムズ以降は、アメリカの独立運動を伝え聞く世代となりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke