イギリスヨーロッパの歴史世界史歴史

ピューリタン革命を指導した「クロムウェル」を歴女が5分で解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は17世紀にイングランドで起こったピューリタン革命の指導者オリヴァー・クロムウェルについてだ。

ピューリタン革命は別名清教徒革命とも呼ばれ、1642年から1649年の間起こった内戦だ。クロムウェルはピューリタン革命時には鉄騎隊を率いてネイズビーの戦いで国王軍を撃破。その後チャールズ1世を捕えて処刑し、その後護国卿に就任して独裁政治を行ったんだ。

それじゃあ世界史に詳しい歴女のまぁこと一緒にピューリタン革命のこと、その後のクロムウェルの独裁について解説していくからな。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

totocco0630

ライター/まぁこ

ヨーロッパ史が好きなアラサー歴女。特にヨーロッパ王室に興味があり関連書籍を愛読している。今回はピューリタン革命を指導したクロムウェルについて解説していく。

1 オリヴァー・クロムウェルとは?

image by iStockphoto

オリヴァー・クロムウェルは、1599年にイングランド東部に位置するハンティントンで生まれました。ちなみに彼が生まれたクロムウェル家はジェントリ階級で、かつてヘンリー8世に仕えたトマス・クロムウェルを輩出した名門。

クロムウェルはケンブリッジ大学に進んだ後、治安判事や政治家という経歴を持つ人物です。しかし最も有名なのは、ピューリタン革命を指導してその後はイングランドの護国卿に就任し独裁政治を行ったことでしょう。そこでここでは、ピューリタン革命に至るまでのイングランドを詳しく解説していきます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ちなみにトマス・クロムウェルについてだが、もともとはロンドン郊外の貧しい家の出身だったんだ。その後諸国を放浪した後にウルジー卿に拾われることになったんだ。その後はテューダー朝2代目ヘンリー8世に仕えてイギリス国教会の成立に活躍したんだ。ちなみにオリヴァー・クロムウェルは、トマスの姉の4代後の子孫にあたるそうだ。

1-1 チャールズ1世

ピューリタン革命の際にイングランドの国王だったのは、チャールズ1世でした。彼は1600年にスコットランドのダンファームリンで生まれました。そして3歳の時に父王ジェームズ1世(スコットランド王としては6世)がイングランド王となったため、イングランドへ移ることに。これはイングランド女王、エリザベス1世が崩御したためでした。彼女は後継者にメアリ・ステュアートの息子であったジェームズを選んだのです。

ジェームズには優秀な息子ヘンリー・フレデリックがいましたが、わずか18歳の若さで亡くなることに。こうして兄に代わって後継者となったのが、ヘンリーよりも6歳下で小柄で吃音だったチャールズです。彼は父王から帝王教育を授けられ、王権神授説を信奉するようになりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
totocco0630