国語言葉の意味

「真に受ける」のはいいこと?悪いこと?意味・使い方・類義語などを日本放送作家協会会員がわかりやすく解説

この記事では「真(ま)に受ける」について解説する。
端的に言えば、真に受けるは「言葉どおりに受け取る」ことです。どんなシチュエーションで使われるか知っているか。この機会に意味と使い方をきちんと理解しておこう。
日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んです。「真に受ける」の意味をチェックし、例文や類義語などを見ていきます。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「真に受ける」の意味と使い方

image by iStockphoto

さっそく「真に受ける」の意味をチェックし、例文で使い方を見ていきましょう。

「真に受ける」の意味

まず、国語辞典で「真に受ける」の意味をチェックしましょう。

ことば通りに受け取る。ほんとうだと思う。ほんとうにする。

出典:日本国語大辞典精選版「真に受ける」

「真」は「偽りがない」「本当」「真実」という意味です。「受ける」は「自分のほうに向かってくるものを受け止める」「差し出されたものを自分に取り入れる」「自分に向けられた行為に対処して応じる」「受け入れる」などの意味があります。「真に受ける」は「自分に対して言われたことを本当だと受け入れる」ことなので「言葉通りに受け取る」「本当だと思う」という意味です。

「真に受ける」の使い方

例文で「真に受ける」の使い方を見ていきましょう。

1.母は「歳より若く見える」と言われたことを真に受けて、その店でよそゆきのワンピースを3着も買った。
2.兄の話を真に受けてはいけない。そんなに儲かる投資があるわけがない。
3.「今度ぜひまたランチしましょう」と言われたので真に受けて「次回はいつ」と聞いたら、陰で社交辞令がわからないやつと言われてしまった。

\次のページで「「真に受ける」の類義語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: