日本史

武田信玄の軍師と言われた「山本勘助」をわかりやすく歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は山本勘助を取り上げるぞ。武田信玄の軍師と言われているが、どんな人だったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを戦国時代も大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、戦国時代にも興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、山本勘助について5分でわかるようにまとめた。

1-1、山本勘助は、三河の国または駿河の国の生まれ

山本勘助(やまもとかんすけ)は、「甲陽軍鑑」、「北越軍談」の記述を引用して書かれたという「甲斐国志」によれば、明応2年(1493年)または明応9年(1500年)、三河国(現愛知県東部)、または駿河国(現静岡県東部)で誕生。

父は駿河国富士郡山本(現静岡県富士宮市山本)の今川家の家臣吉野貞幸と母安の3男で、幼名は源助。勘助は12歳で牛久保城(現愛知県)の城主牧野家の家臣大林勘左衛門の養子となって、勘助晴幸と改名、号は道安、出家して道鬼斎。

1-2、勘助、諸国へ武者修行

勘助は、大林家での少年期に兵法を学び、20歳になると武者修行の旅へ出て、5年後の25歳のときには伊賀忍術のルーツでもある山伏の兵法を学ぶために、真言宗の総本山高野山に参籠しました。

そして摩利支天像を授かって自身の守護神に定め、その後も四国、山陰、山陽、九州まで、諸国をまわり各地の大名に仕えつつ兵法の修行に励んだそう。また兵法修行に合わせて、全国にある城を検分して築城技術や知識も身に付けたということです。

1-3、勘助、今川家へ仕官できず浪人暮らしに

勘助は34、35歳ごろに大林家に戻ったが、大林家に男子が誕生していたため、山本姓にもどって再び関東方面に武者修行に出ました。そして天文5年(1536年)には駿河の大名今川義元へ仕官を希望したが、勘助が、片目と手足が不自由で供を連れていなかったため仕官が叶わなかったということで、勘助は40歳を過ぎても浪人のままだったということ。

2-1、勘助、若き武田信玄に召し抱えられる

image by PIXTA / 61219584

50歳前後となった勘助は、兵法家としての名声が諸国に聞こえるようになり、武田家の重臣板垣信方が、駿河国に城取り(築城術)に通じた者がいると23歳の若き甲斐国領主武田信玄(晴信)に勘助を推挙。そして天文12年(1543年)に武田家は勘助を知行100貫という破格の待遇で召抱えようと申し入れたということ。

庵原忠胤(いはらただたね、勘助の叔父で今川家家臣)は勘助に、武田家から確約の朱印状をもらってから甲斐へ行けと言ったが、勘助はあえて武田家のために朱印状を受けずに甲府へ赴き、信玄と対面、信玄は勘助の才を見抜いて知行200貫で召し抱えることに

2-2、勘助、信玄に信頼される

信玄は「城取り」や諸国を修行したため情勢について知識のある勘助と語って知識の深さに感心し、信頼をあつくしたということですが、新参者への破格の待遇のため、家中の南部下野守が勘助を誹謗したが、信玄は南部を改易して勘助を厚遇、南部はその後各地をさまよった挙句に餓死したという話まであるそう。 そして同年、晴信が信濃国へ侵攻すると、勘助は9つの城を落とす大功を立てて100貫を加増され知行300貫に。

しかし無縁の浪人である勘助を武田家がいきなり200貫で召し抱えるというのは無理があるために、実は勘助の家系は、清和源氏の流れを汲んだ駿河源氏の吉野氏の子孫なので、吉野氏の親戚にあたる武田家の一門穴山氏の推挙で武田家に仕えたという話もあるということです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica