国語言葉の意味

【四字熟語】「十年一日」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しく解説!

そのサイトを運営する管理人の方針は、旧態依然としていて「一見さん」には敷居が高いようだ。

創部から続くしきたりを旧套墨守するのもいいが、時代に合わせていく必要もあるのではないか。

#3 「十年一日」の対義語は?

image by iStockphoto

ところで、「十年一日」対義語はいったいどのようにとらえればいいのでしょうか。長い間ずっと変わらないことの反対は、日一日と変化していくことですよね。

ここでは、そのような意味合いを持った四字熟語を二つほど紹介します。

「日進月歩」

「日進月歩(にっしんげっぽ)」は、「十年一日」の対義語として成立するものです。この四字熟語には、日ごと月ごとにどんどん進化していくという意味合いがあります。

実際に高校球児などが大会中にさまざまな刺激を受けることで短期間に成長する事例もあるそうです。また、現代における科学技術の発展スピードは、まさに「日進月歩」を地で行くような感すらあります。

「日就月将」

「日就月将」もまた、「十年一日」の対義語といっていい存在です。こちらの熟語は、日ごと月ごとに進歩していくという意味があります。

この四字熟語を訓読したものが、「日に就(な)り、月に将(すす)む」です。つまり、日ごとに成就し、月ごとに進歩していくことを表しています。

では、これらの対義語を用いた例文も押さえておきましょう。

検索エンジンの機能も、ここ何年かでまさに日進月歩といえる進化をみせてきた。

健太が単語や漢字を暗記していくさまは、日就月将といっても過言ではなかった。

#4 「十年一日」の英訳は?

image by iStockphoto

では、最後に日進月歩の英語訳についても押さえておきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
すけろく